B&B

EVENT

CALENDAR

2020/06
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
2020/06 - 2020/07
M T W T F S S
22232425262728
293012345
6789101112
 
 

2016/03/21 Mon

小酒部さやか×境治×博報堂リーママプロジェクト
「妊婦にも、子どもにも、育休中パパにも厳しい社会に未来はあるのか?」
『マタハラ問題』(筑摩書房)刊行記念

61ZuBmelTpL

今年1月、NPO法人マタハラNetの代表・小酒部さやかさんの著書『マタハラ問題』が筑摩書房より発売されました。

働く女性が妊娠・出産・育児を理由に退職を迫られたり、嫌がらせを受けたりする「マタニティハラスメント(マタハラ)」。労働局へのマタハラに関する相談は近年急増し、いまや働く女性の3人に1人がマタハラを経験していると言われています。

そこで、今回B&Bでは、小酒部さやかさん、 『赤ちゃんにきびしい国で、 赤ちゃんが増えるはずがない。』(三輪舎)という著書がある境治さん、そして、働くママ(サラリーマンママ=リーママ)の力を社会に還元することを目指すリーママプロジェクト代表・田中和子さんをお迎えし、「妊婦にも、子どもにも、育休中パパにも厳しい日本社会」の問題点と、その打開策について語り尽くします。

子育て中のママ(パパ)、働くママ(パパ)、そしてママ(パパ)ではないけどこの問題に興味がある、という方までぜひご参加ください!

【出演者プロフィール】
小酒部さやか(おさかべ・さやか)
NPO 法人マタニティハラスメント対策ネットワーク(マタハラNet)代表理事。日本人で初めて女性の地位向上などへの貢献をたたえる米国務省「世界の勇気ある女性賞」を受賞。自身の受けたマタニティハラスメント被害の経験をもとに、マタハラNet を設立。女性をはじめ、高齢者、介護をしているなど、さまざまな状況の人たちが、働き続けることの出来る思いやりのある社会を目指 し、多様な働き方を実現できるようさまざまな活動を行ってい る。その活動は、日本の社会に働き方の改革を認識させるきっかけとなった。近著に『マタハラ問題』(ちくま書房)。

境 治(さかい・おさむ)
コピーライター/メディアコンサルタント。1962年福岡市生まれ。東京大学卒業後、広告会社I&Sに入社しコピーライターになり、93年からフリーランスとして活動。その後、映像制作会社ロボット、ビデオプロモーションに勤務したのち、2013年から再びフリーランスとなり、メディアコンサルタントとして活躍中。有料マガジンMediaBorder発行。(http://mediaborder.publishers.fm/) たまたま育児について書いたブログが17万いいね!を得て取材をはじめ、書籍にまとめた『赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない』(三輪舎刊)を2014年12月に出版した。

博報堂リーママプロジェクト・リーダー田中和子(たなか・かずこ)
1998年博報堂入社。出産・育児を経て、2012年に『リーママプロジェクト』を立ち上げ、代表を務める。ランチタイムを活用し、異業種の働くママをネットワーク化する取組(ランチケーション)を推進中。首相官邸「輝く女性応援会議」に出席し、実際に働く女性たちが行政や企業に求める生の声を提言するなど、女性活躍推進支援における活動の場を広げている。2男1女の母。
【著書(リーママプロジェクト著)】
『リーママたちへ 働くママを元気にする30のコトバ』(KADOKAWA)
『リーママザベスがあなたを救う! 働くママの迷いが消える30のコトバ』(KADOKAWA)


 
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    小酒部さやか(NPO法人マタハラNet代表)
    境 治(コピーライター/メディアコンサルタント)
    田中和子(博報堂リーママプロジェクト)

  • 時間 _ 

    19:00~21:00 (18:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE