EVENT

CALENDAR

2019/07 - 2019/08
M T W T F S S
15161718192021
22232425262728
2930311234
2019/08
M T W T F S S
567891011
12131415161718
19202122232425
2019/08 - 2019/09
M T W T F S S
2627282930311
2345678
9101112131415
 
 

2016/06/06 Mon

鷹野凌
「表現とアイデアの境界線とは?」
『インディーズの護身術—表現とアイデアを分ける著作権のツボ—』(ボイジャー)刊行記念

日本独立作家同盟講演録---インディーズの護身術-書影-v2

ボイジャーから5月13日に『インディーズの護身術 —表現とアイデアを分ける著作権のツボ—』が出版されました。本書は、昨年12月19日に東京・渋谷で行われたNPO法人日本独立作家同盟主催講演「インディーズ作家が知っておくべき権利や法律を教わってきました」をまとめたものです。

講演の第1部は、NPO法人日本独立作家同盟理事長の鷹野凌氏が「攻めの著作権」をテーマに、表現とアイデアの境界はどの辺りにあるのか? 他人の権利を侵害しないようにするにはどうすれば? などを解説。第2部は、知的財産権分野の第一人者である福井健策弁護士をゲストに迎え、TPPで著作権法が変わったら創作活動にどのような影響があるのか? を探りました。

「優秀な芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む。」というパブロ・ピカソの言葉のとおり、すべての創作活動はまねるところが始まりです。ただし、行き過ぎは炎上の元! どこまでならば、他人の作品や文章をまねてよいのでしょうか?

今回の刊行記念イベントでは、講演当日と同じく鷹野凌氏が福井健策弁護士をゲストにむかえ、表現とアイディアの境界などについて語り合います。

【出演者プロフィール】
鷹野凌(たかの・りょう)
NPO法人日本独立作家同盟理事長。フリーライター。実践女子短期大学非常勤講師。アイティメディア、ダ・ヴィンチニュース、INTERNET Watch、マガジン航などのWebメディアを中心に、著作権やセルフパブリッシング、電子出版、書評などの記事を数多く執筆。著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス)。
ブログ「見て歩く者」:http://www.wildhawkfield.com/

福井健策(ふくい・けんさく)
弁護士・ニューヨーク州弁護士。1991年東京大学法学部卒業。1993年弁護士登録(第二東京弁護士会)。骨董通り法律事務所代表パートナー、日本大学芸術学部客員教授、国会図書館審議会・文化庁などの委員、「本の未来基金」理事、think C世話人、東京芸術大学兼任講師などを務める。著書に『18歳の著作権入門』(ちくまプリマー新書)、『著作権とは何か』『著作権の世紀』(集英社新書)など多数。
http://www.kottolaw.com/
Twitter: @fukuikensaku


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    鷹野凌(フリーライター)
    福井健策(弁護士)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE