B&B

EVENT

CALENDAR

2020/06
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
 
 

2016/09/07 Wed

柳原孝敦×小野正嗣
「クーデター/映画/文学~  
映画『チリの闘い』と現代世界文学をめぐって」
映画『チリの闘い』公開記念

13340340_252170908479198_2445100725824830396_o

チリにおける政治的緊張と社会主義政権の終焉を、伝説的映画作家パトリシオ・グスマンが撮影・記録した映画『チリの闘い』。

「史上最高のドキュメンタリー映画」とも言われる本作の公開を記念して、ロベルト・ボラーニョなどラテンアメリカ文学の翻訳者、柳原孝敦さんと、土地や場所に根ざした多くの作品を発表している作家、小野正嗣さんをゲストに、世界が変革を迎える時、映画や文学はどのように対峙してきたのかを語り尽くします。




柳原 孝敦(やなぎはら・たかあつ)
1963年鹿児島県生まれ。東京大学准教授。著書に『ラテンアメリカ主義のレトリック』など。訳書にセサル・アイラ『わたしの物語』、エドゥアルド・メンドサ『グルブ消息不明』、ロベルト・ボラーニョ『野生の探偵たち』(共訳)『第三帝国』、エルネスト・チェ・ゲバラ『チェ・ゲバラ革命日記』など。

小野正嗣(おの・まさつぐ)
1970年大分県生まれ。作家、立教大学教授。著書に『にぎやかな湾に背負われた船』(第15回三島由紀夫賞)、『獅子渡り鼻』、『九年前の祈り』(第152回芥川賞)、『残された者たち』、『水死人の帰還』など。訳書にマリー・ンディアイ『ロジー・カルプ』、グリッサン『多様なるものの詩学序説』、ナイポール『ミゲル・ストリート』(共訳)など。

___________

映画『チリの闘い』
東西冷戦期の1970年、チリでは選挙によって成立した世界初の社会主義政権が誕生し、サルバドール・アジェンデが大統領に就任した。「反帝国主義」「平和革命」を掲げて世界的な注目を集め、民衆の支持を得ていたが、その改革政策は国内の保守層、多国籍企業、そしてアメリカ合衆国政府との間に激しい軋轢を生み、チリの社会・経済は混乱に至る。1973年9月11日、陸軍のアウグスト・ピノチェト将軍ら軍部が米国CIAの支援を受け、軍事クーデターを起こす。アジェンデは自殺(諸説あり)。以後、チリはピノチェトを中心とした軍事独裁政権下に置かれたーーー。

映画『チリの闘い』ホームページ
http://www.ivc-tokyo.co.jp/chile-tatakai/

___________


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    柳原孝敦
    小野正嗣

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE