NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/09 - 2017/10
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
2017/10
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 
 

2017/03/14 Tue

柳下恭平×神田桂一
「公開対談『柳下恭平/神田桂一って何者だ?』」

かもめブックスの経営や校閲の鴎来堂、はては文芸の編集、デザインとなんでもこなす謎の男、柳下恭平さん。そして、「なんでもこなしすぎて節操のない」フリーライター神田桂一さん。

このふたりが、出会い、自分たちの仕事などについて、B&Bで「本音で」語り合います。

以下、おふたりからのメッセージです。

――――――――――――――――――――――
■こんにちは、柳下です。

はじめましての皆さんに、簡単な自己紹介をすると、僕は出版業界で校閲という仕事をしてきました。校閲というのは、文章が世の中に出る前に間違いの可能性を見つける仕事ですから、僕のプロフェッショナルは、書くことではなく、読むことにあります。

だからこれまで、ずっとずっと、たくさんの文章を読んできました。もちろん、すべての文章を読めるわけもないのですが、それでも、たくさんの文章を。

そんな僕には、東京で活躍する若い男の書き手で二人、気になる子たちがいます。

ひとりは『WIRED』誌で活躍する石神(俊大)くん。彼の感受性と少しセンチメンタルな文章は、インプットとアウトプットの質感がたまらない。彼は街場の文体で、夜をウロウロする感じ。

そして、もう一人が今回のイベントの主役の神田くんです。

石神くんとはまったく違うスタイルですが、タイムラインでも、誌面でも、のびのびと世界を恨んでいる感じがキッチュ。IQは高めで偏差値は低めに設定された、そんな、一周まわったサーカズムを素直に笑うのは難しいけれど、そこが、とてもいい。

そんな神田くんとゆっくり話すのがとても楽しみです。

■こんにちは、ライターの神田です。

柳下さんとは、台湾の台中という都市のイケてるギャラリーで偶然会いました。

そこに佇む柳下さんもイケてる人でした。夜、みんなで飲んだのですが、お昼のテンションの高さとお酒を飲んだときのテンションの高さが変わらなかったので、いつもフルテンションなんだなと思いました。そんな柳下さんと対談をするのがとても楽しみです。
――――――――――――――――――――――

どんな話になるのか、予測不能の2時間、お楽しみに!

【出演者プロフィール】
柳下恭平(やなした・きょうへい)
校閲者・書店員。

神田桂一(かんだ・けいいち)
フリーライター・編集者。一般企業に勤めたのち、週刊誌『FLASH』の記者に。その後フリー。雑誌は『ポパイ』『ケトル』『スペクテイター』『クイックジャパン』『TRANSIT』などカルチャー誌を中心に活動中。近刊は『お〜い、丼』(ちくま文庫)、現在、新刊を絶賛執筆中。


イベントのご予約はこちらから!


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    柳下恭平(校閲者/書店員) 
    神田桂一(フリーライター/編集者)

     

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE