NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/10 - 2017/11
M T W T F S S
23242526272829
303112345
6789101112
2017/11
M T W T F S S
13141516171819
20212223242526
27282930123
 
 

2017/06/13 Tue

三品輝起×小林和人×島田潤一郎
「雑貨化する社会について考える」
『すべての雑貨』(夏葉社)刊行記念

IMG_0766-768x1024

西荻窪にある雑貨店FALLの店主、三品輝起さんの初の著書『すべての雑貨』(夏葉社)が話題です。FALLは、作家ものの道具や雑貨から、近所の音楽家たちのCD、書籍やアンティークなど、幅広い場所から少し変わったものを集め、週替りで自主企画の展示会を催すギャラリーでもあり、その店内は、チェーン店のショップとは異なる独特の雰囲気を生み出しています。そして、西荻を訪れたらつい立ち寄ってしまうその魅力のひとつに、「三品さんに会いに行く」ということが確実に含まれています。

『すべての雑貨』は、日々入れ替わる商品と陳列風景、ぶらりと訪れては何かを手に取りレジへ、またはそのまま去っていくお客さんたち、そしてあらゆるものが「雑貨」として扱われるようになってきたこの社会の変化を、10年以上にわたってレジの向こう側から観察してきた店主が綴ったエッセイ集です。ひとりの雑貨店主から見た卓抜な消費社会論にして、雑貨によってあぶり出される人間という奇妙な生き物の姿をとらえた観察記でもあり、また、幼年期をめぐる回想を綴った文章には、短篇小説のような味わいもあります。

「雑貨とはなにか、先回りしてせこい答えを用意すれば、雑貨感覚によって人が捉えられるものすべて、ということになるだろう。人々が雑貨だと思えば雑貨。そう思うか思わないかを左右するのが、雑貨感覚である。トートロジーだろうか。」 (『すべての雑貨』収録「半径一メートル」より)

本書の刊行を記念して、普段はレジ向こうで静かに座っている三品さんに大いに語っていただくトークイベントを開催します。トークのお相手として、三品さんの先輩であり、お店の運営にあたって大きな影響と刺激を受けてきたという、Roundabout/OUTBOUNDの小林和人さん、そして本書の企画から出版までを行なった夏葉社の島田潤一郎さんをお招きします。この機会にあなたの雑貨感覚をあらためて検証してみませんか?

※来場者には単行本未収録の三品さんのエッセイを配布します!


【出演者プロフィール】
三品輝起(みしな・てるおき)
1979年、京都府生まれ。愛媛県出身。法政大学経済学部卒業。2005年より西荻窪にて雑貨店「FALL」を経営する。その傍ら音楽活動もおこない、2012年にCD『オフシーズン』(ロンダード)をリリース。同年アウトバウンドにてリリース記念の展示を開催する。2017年4月、初の著書となる『すべての雑貨』(夏葉社)を刊行。
http://fall-gallery.com

小林和人(こばやし・かずと)
1975年、東京都生まれ。幼少期をオーストラリアとシンガポールで過ごす。1999年、多摩美術大学卒業後、国内外の生活用品を扱う店 Roundabout(ラウンダバウト)を吉祥寺にオープン。2008年には、やや非日常に振れた品々を展開する姉妹店OUTBOUND(アウトバウンド)を開店。著書に『あたらしい日用品』(マイナビ)がある。
http://roundabout.to/ http://outbound.to/

島田潤一郎(しまだ・じゅんいちろう)
1976年、高知県生まれ。東京育ち。日本大学商学部会計学科卒業。アルバイトや派遣社員をしながら、ヨーロッパとアフリカを旅する。小説家を目指していたが挫折。2009年9月、夏葉社を創業。著書に『あしたから出版社』(晶文社)がある。http://natsuhasha.com


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    三品輝起
    小林和人
    島田潤一郎

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE