EVENT

CALENDAR

2019/01
M T W T F S S
14151617181920
21222324252627
28293031123
2019/01 - 2019/02
M T W T F S S
45678910
11121314151617
18192021222324
2019/02 - 2019/03
M T W T F S S
25262728123
45678910
11121314151617
 
 

2019/01/29 Tue

永方佑樹×清水高志
「不在の痕跡、そのポイエーシス〈詩×哲学〉」
『不在都市』(思潮社)刊行記念

85f7f3e1

近年、言語表現の手段としても注目が高まっている「詩」。 このたび刊行となった『不在都市』は、8ヶ国語を使用したビジュ アル・ポエトリーや、漫画家・青野春秋氏(「 俺はまだ本気出してないだけ」等)とコラボした漫画詩など、 多様な詩作品を収録。詩、デザイン、装丁を交響させる事で、 多層的な都市の記憶を呼び覚ます、新スタイルの詩集です。

こうした『不在都市』の刊行を記念し、 東京および大阪の二大都市にて、記念イベントを開催いたします。 東京でのゲストは、哲学者の清水高志氏。共著『脱近代宣言』 などで領域を横断する対話を行ってきた氏に、 今詩集の魅力や詩について、お話をお聞きしてまいります。
また、著者の永方佑樹はテキストベースの詩作を行う他にも、 インターメディアの領域で詩を立体的に立ち上げる「立体詩」 を展開する、ヴァーバル・アーティストでもあります。 当日は詩集『不在都市』からの立体詩プログラムとして、 映像詩の上映や、エクスペリメンタル・マルチメディア・ ポエトリーのパフォーマンスを行う予定です。

【出演者】
永方佑樹(ながえ・ゆうき)
詩人。2012年、「詩と思想」新人賞受賞。JR西日本紀勢本線 「きのくにトレイナート」での「車掌さんが読むための詩2017 、2018」など、社会やアートとリンクした活動も行う。 近年はフィンランド、台湾、韓国、 コソボの詩祭に招待されるなど、海外での活動も多い。また、 テキストベースの詩作のみならず、水などの自然物や、 音や映像等のテクノロジーを使用することで、 詩を立体的に立ち上げる「立体詩」パフォーマンスを展開。 米アイオワ大学クリエイティブ・ライティング科や、 ハーバード大学世界文学研究所サマーセミナーin東京大学等での 実施に加え、2018年秋にはフランスにて、「立体詩」 パフォーマンスのソロおよびコラボ公演を行なった。既刊に詩集『 √3』(思潮社2016)等。

清水高志(しみず・たかし)
哲学者。東洋大学総合情報学部教授。 2004年フランスの哲学者ミシェル・セールを論じた『セール、 創造のモナド――ライプニッツから西田まで』でデビュー。 中沢新一氏の激賞を受ける。2010年『来るべき思想史―情報/ モナド/人文知』、2013年『ミシェル・セール―― 普遍学からアクター・ネットワーク論まで』( 紀伊國屋じんぶん大賞27位)、2017年『実在への殺到』( 紀伊國屋じんぶん大賞10位)、共著では『脱近代宣言』( 落合陽一、清水高志、上妻世海)など、 著作活動を続けるいっぽうで、ピエール・レヴィ、ミシェル・ セールなど現代の思想家たちの翻訳も幅広く手がけている。 現在も旺盛な活動を続ける哲学者で文人のミシェル・ セールの研究を主としながら、 ポスト構造主義以後の哲学を独自に模索し、 領域横断的な活動を行っている。


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    永方佑樹
    清水高志

  • 時間 _ 

    19:30~21:30 (19:00開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE