EVENT

CALENDAR

2018/09 - 2018/10
M T W T F S S
24252627282930
1234567
891011121314
2018/10 - 2018/11
M T W T F S S
15161718192021
22232425262728
2930311234
2018/11
M T W T F S S
567891011
12131415161718
19202122232425
 
 

2018/08/19 Sun

林伸次×佐伯ポインティ
「もうすぐなくなるという恋愛について、いま話しておきたいこと」
『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』(幻冬舎)刊行記念

恋はいつも

恋愛はもう流行らないのでしょうか? バーを舞台にした恋愛小説『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』を上梓したばかりの現役バー店主の林伸次さんと、エロデューサーの佐伯ポインティさんが、これからの恋愛のはじめ方からセックス、そして、そもそも恋愛は人生に必要なのか?を存分に語りあいます。

【出演者プロフィール】
林伸次(はやし・しんじ)
1969年徳島県生まれ。レコード屋、ブラジル料理屋、バー勤務を経て、1997年にbar bossaをオープンする。2001年、ネット上でBOSSA RECORDをオープン。選曲CD、CDライナー執筆多数。『カフェ&レストラン』(旭屋出版)、『cakes』で連載中。著書に『バーのマスターはなぜネクタイをしているのか』『バーのマスターは、「おかわり」をすすめない』(ともにDU BOOKS)、『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』(アスペクト)、『ワイングラスの向こう側』(KADOKAWA)、『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』(幻冬舎)がある。
cakes特別連載:『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』

佐伯ポインティ(さえき・ぽいんてぃ)
1993年、東京生まれ。早稲田大学文化構想学部を卒業後、クリエイターのエージェント会社コルクに漫画編集者として入社。2017年に独立し、男女楽しめるエロスのあるコンテンツをつくる「エロデューサー」として活動中。ポジティブに猥談を楽しむ人が集まる「猥談バー」というイベントを主催したり、様々な性癖・性体験の人をインタビューし「猥談タウン回覧板」というメルマガを配信したり、エロい仕事ばかりしている。ツイッター:https://twitter.com/boogie_go


イベントのご予約はこちらから!
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら
・前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

  • 出演 _ 

    林伸次
    佐伯ポインティ

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE