EVENT

CALENDAR

2018/11 - 2018/12
M T W T F S S
12131415161718
19202122232425
262728293012
2018/12
M T W T F S S
3456789
10111213141516
17181920212223
2018/12 - 2019/01
M T W T F S S
24252627282930
31123456
78910111213
 
 

2018/11/24 Sat

北田暁大×酒井泰斗
「社会学への帰還ー構築主義から社会哲学を経由して」
『社会制作の方法ー社会は社会を創る、でもいかにして?』(勁草書房)刊行記念

社会制作の方法

北田暁大さんの『社会制作の方法ー社会は社会を創る、でもいかにして?』が勁草書房より刊行されました。

本書は、社会構築主義から出発し、哲学や社会理論などを経由し、また社会学に戻ってくるまでの軌跡を綴っています。

具体的には、ドナルド・デイヴィドソンをはじめとした、エリザベス・アンスコムやアルフレッド・シュッツといった人々の行為理論、歴史理論、言説分析・概念分析・エスノメソドロジー、ルーマンのシステム理論といった諸々の理論・哲学に「自分なりの解答」を得るまでの、思考の軌跡を、「社会を創る」という観点から再編集しています。

対談のお相手には、会社員でありながらルーマンの社会理論やエスノメソドロジーなど、社会学の議論に詳しい酒井泰斗さんをゲストにお招きします。社会構築主義をめぐる社会学の議論を踏まえることで、どのような「社会学」が可能なのか、可能になるのかをめぐって、お話していただきます。

ぜひ、ご参加ください!

【出演者プロフィール】
北田暁大(きただ・あきひろ)
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程退学。博士(社会情報学)。東京大学大学院情報学環教授。社会学、メディア論を専攻。著書に『広告の誕生――近代メディア文化の歴史社会学』(岩波現代文庫)、『責任と正義――リベラリズムの居場所』(勁草書房)、『嗤う日本の「ナショナリズム」』(NHKブックス)、『増補 広告都市・東京――その誕生と死』(ちくま学芸文庫)、共著に『リベラル再起動のために』(毎日新聞出版)、『現代ニッポン論壇事情――社会批評の30年史』(イースト新書)、『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう――レフト3・0の政治経済学』(亜紀書房)など。

酒井泰斗(さかい・たいと)
大阪大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程中退。音楽制作会社勤務を経て現在は金融系企業のシステム部に所属。ルーマン・フォーラム管理人(socio-logic.jp)。関心領域は、道徳哲学・社会科学史、社会科学方法論争史、前世紀におけるシステム論と現象学の邂逅とその顛末など。共著に『ワードマップ――エスノメソドロジー』(新曜社、2007年)、共編著に『概念分析の社会学2――実践の社会的論理』(ナカニシヤ出版、2016年)など。

イベントのご予約はこちらから!
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら
・前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

  • 出演 _ 

    北田暁大
    酒井泰斗

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE