EVENT

CALENDAR

2019/09 - 2019/10
M T W T F S S
16171819202122
23242526272829
30123456
2019/10
M T W T F S S
78910111213
14151617181920
21222324252627
2019/10 - 2019/11
M T W T F S S
28293031123
45678910
11121314151617
2019/11 - 2019/12
M T W T F S S
18192021222324
2526272829301
2345678
 
 

2019/10/05 Sat

ペク・スリン×柴崎友香
「文学は光になりうるか 日韓における文学と他者」
  『惨憺たる光』(書肆侃侃房)刊行記念 

santan_cover-obi_0527
一寸先も見えない闇を、光を通して描き続ける作家ペク・スリンさんの『惨憺たる光』が、書肆侃侃房より刊行されました。
ペク・スリンさんは、最近発表された「読者が選ぶ韓国文学を牽引する若い作家」(yes24)でも第2位に選ばれている、最注目の作家です。

「大事なのは、他者の生に少しでも耳を傾ける余裕をもたらせ、忘れていた感受性を取り戻させることではないでしょうか」と語るペク・スリンさんと、『春の庭』で第151回芥川賞を受賞され、最新作『待ち遠しい』で立場や考えの違う人とどう共に生きていくかを問うた柴崎友香さんに対話をしていただきます。

著者の生の声を聞ける貴重な機会です。ぜひご来場ください。

【プロフィール】
ペク・スリン
1982年仁川生まれ。延世大学仏文科卒。西江大学大学院、リヨン第2大学で仏文科博士課程修了。短編小説「嘘の練習」(2011年京郷新聞新春文藝)でデビュー。2015年、2017年、2019年文学村若き作家賞、2018 年文知文学賞、李海朝文学賞。短編集に『惨憺たる光』『ポール・イン・ポール』、中編小説に『親愛なる、親愛なる』がある。 2019年に発表された「読者が選ぶ韓国文学を牽引する若い作家」(yes24)でも第2位に選ばれている、韓国で最注目の作家の一人。

柴崎友香
1973年大阪生まれ。2000年に『きょうのできごと』を刊行(2004年に映画化)。2007年『その街の今は』で藝術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、2010年『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞(2018年に映画化)、2014年に『春の庭』で芥川賞を受賞。著書に『わたしがいなかった街で』『パノララ』『週末カミング』『よう知らんけど日記』など。


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら
※前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

  • 出演 _ 

    ペク・スリン
    柴崎友香

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE