B&B

EVENT

CALENDAR

2020/09 - 2020/10
M T W T F S S
2829301234
567891011
12131415161718
2020/10 - 2020/11
M T W T F S S
19202122232425
2627282930311
2345678
2020/11
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 
 

2020/10/12 Mon

MOTOKO×馬場正尊×中村美由希×日野昌暢
「日常にある本当の魅力に向ける新しい視点とは」
Saga Photo Guide Book『さがごこち』(青幻舎)刊行記念
“ローカルおじさん”の地域活性のホント 十番勝負 vol.5


※本イベントはオンライン配信でのみご参加いただけるイベントです。詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

71ExT9JTalL
 

“ローカルおじさん”こと博報堂ケトルの日野昌暢(『絶メシリスト』プロデュサーなど)が、本質的な地域活性を実践する方々をお招きするローカルシリーズ十番勝負の第5戦。
 
今回のゲストは佐賀という街に漂う「ここちのよい」空気を収めたフォトガイドブックを刊行した、建築家の馬場正尊さん、写真家のMOTOKOさん、そして佐賀のWebメディア”EDITORS SAGA”編集長の中村美由希さん、です。
 
「佐賀の日常にある、本当の魅力をさがして」というコンセプトで立ち上げられたウェブマガジンが発端となっている同書には、今まであまり切り取られてこなかった「日常」の魅力がPhoto Bookという形に詰め込まれています。名物というわけでもない、日常の営みを写真で再発見して、慈しむ中から見える未来の理想の風景とはどのようなものになるのか。
 
かつて、くるりやUAなどのジャケットの写真も手がけ、近年は特に全国の地域でまちづくりに関わってきたMOTOKOさんが、カメラを持って旅して見つけた佐賀の魅力や、公共R不動産などでもおなじみの馬場正尊さん率いる「OPEN A」が監修を手がけることになったきっかけなどをお聞きしながら、地域の魅力の切り取り方の可能性について考えたいと思います。
 
コロナ禍で価値観の変容が起こる中、地域の魅力の捉え方や編集には大きな余地が残されています。「ローカルメディア」「編集」「佐賀(唐津、伊万里、嬉野、有明…and more!)」に興味のある方必見の内容です。

 
【出演者プロフィール】
MOTOKO(もとこ)
写真家。1966年大阪府生まれ。1996年写真家として東京でキャリアをスタート。音楽や広告の分野で活躍する傍ら、写真集を発表。2006年より日本の地方のフィールドワークを開始。滋賀県の農村をテーマとする「田園ドリーム」をスタート。2013年香川県小豆島在住の7人の女性のカメラチーム「小豆島カメラ」を立ち上げる。以降、長崎県東彼杵市、鳥取県大山町、静岡県下田市で、写真によるまちづくり活動を実施。近年は “地域と写真” をテーマに「ローカルフォト」という新しい概念で多くのプロジェクトに参画。主な事業に「長浜ローカルフォトアカデミー」、神奈川県真鶴町「真鶴半島イトナミ美術館」、山形県山形市「ローカルラーニングツアー山形」など。展覧会は「田園ドリーム2018」(オリンパスギャラリー東京)、「田園ドリーム」(銀座ニコンサロン 2012)、「小豆島の顔」 (小豆島 2013)、作品集に『Day Light』(ピエブックス)、『First time』(ソニーマガジンズ)、『京都』(プチグラパブリッシング)ほか。
 
中村美由希(なかむら・みゆき)
1988年佐賀県生まれ。佐賀大学卒業は4年間、幼稚園勤務。Webデザイナーを経て、佐賀を編集するウェブマガジン『EDITORS SAGA』を立ち上げる。
https://editors-saga.jp
 
馬場正尊(ばば・まさたか)
OPEN A代表取締役。建築家。東北芸術工科大学教授。1968年佐賀県生まれ。1994年早稲田大学大学院建築学科修了。博報堂、早稲田大学博士課程、雑誌『A』編集長を経て、2003年OPEN Aを設立 都市の空地を発見するサイト「東京R不動産」を運営。東京のイーストサイド、日本橋や神田の空きビルを時限的にギャラリーにするイベント、CET(Central East Tokyo)のディレクターなども務め、建築設計を基軸に、メディアや不動産などを横断しながら活動している。
https://www.open-a.co.jp
 
日野昌暢(ひの・まさのぶ)
1975年福岡県生まれ。2000年博報堂入社。営業職として14年間、飲料、食品、トイレタリー、通信、金融など、様々な得意先を歴任。「預かったご予算を着実な効果にしてお戻しする」という強い想いとともに、商品開発、店頭プロモーションから、PR、マスメディアにわたった、元営業職ならではの幅広い経験を活かした統合キャンペーンプロデュースを手がける。支社勤務経験もあるため、ローカルプロモーションも得意とする通称ローカルおじさん。受賞歴にACC TOKYO CREATIVE AWARD グランプリ、Spikes Asia ゴールド、カンヌライオンズ ブロンズ、ADFEST ゴールドなど。2020年6月、九州のいいヒト、いいコト、いいシゴトをテーマにしたローカル発Webメディア「Qualities」を立ち上げた。
https://www.kettle.co.jp/member/masanobu_hino.html
https://qualities.jp/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【配信での参加につきまして】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です
・配信はリアルタイムのみでご視聴いただけます。録画での視聴はできませんのでご注意ください
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください

 

【書籍付きチケットのご案内】
・『さがごこち』を本イベントの配信チケットとセットで販売いたします
・書籍はイベント後の発送となります
・ご記入いただいた住所は、書籍発送以外の目的には使用しません
・書籍は、B&Bからの発送となります

 

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

イベントのご予約はこちらから!

 


 

  • 出演 _ 

    MOTOKO(写真家)
    馬場正尊(建築家/OPEN A)
    中村美由紀(『EDITORS SAGA』編集長)
    日野昌暢(プロデューサー/博報堂ケトル)

  • 時間 _ 

    19:00~21:00

  • 場所 _ 

    オンライン配信

  • 入場料 _ 

    ■【配信参加】1,650円(税込)
    ■【配信参加+書籍】1,650円+『さがごこち』2,200円(ともに税込)※イベント後発送


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE