こちらを表示中:

善本喜一郎×石原壮一郎
「もっと楽しむ東京タイムスリップ写真術」
『東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022』(河出書房新社)刊行記念

善本喜一郎×石原壮一郎
「もっと楽しむ東京タイムスリップ写真術」
『東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022』(河出書房新社)刊行記念

  • リアルタイム配信
  • 現地参加
  • アーカイブ配信  :  2022-11-27 ~ 2022-12-27

※本イベントはご来店またはリアルタイム配信と見逃し視聴(1ヶ月)でご参加いただけるイベントです。詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

イベントのご予約はこちらから!

写真家・善本喜一郎さんの新刊『東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022』が話題です。

同書は、懐かしい昭和末期の東京の風景を、現在の同位置・同角度から撮影したものと並べて紹介した、劇的な約40年の東京の変化を楽しめる刺激的写真集『東京タイムスリップ1984⇔2021』の続編。

前作に、下北沢・自由が丘・浜松町・新大久保・初台・原宿なども加わり、前作よりもっとディープな街の変化を楽しめる写真集となっています。

この刊行を記念してトークイベントを開催します。

ゲストは、コラムニストの石原壮一郎さん。

・どのようなきっかけで80年代東京の写真を発見し出版するに至ったのか
・誰にでもオリジナルのタイムスリップ写真が楽しめるその方法
・石原壮一郎さんが実際にチャレンジしたオリジナル・タイムスリップ写真

など、秘蔵写真やエピソード満載でお届けする予定です。

 前作「東京タイムスリップ1984⇔2021」を読んだときに、ふと思い立ちました。「よし、自分でもタイムスリップ写真を撮ってみよう」。
 まずは馴染みが深い場所ということで、長く住んでいる池袋の1940年代の写真をネットで何枚か探してきて、なるべく同じ構図になるように撮影。
 見るとやるでは大違いで、つたない近づけ方しかできませんでしたが、それはまあいいとしましょう。
 並べることで、生まれる前の池袋を楽しく旅することができました』

(まえがき「あの頃のあの場所を旅する喜び」石原壮一郎より)

前作より、さらにディープに掘り下げた東京の街を一緒に追体験してみませんか?

みなさまのご参加お待ちしております。

【出演者プロフィール】
善本喜一郎(よしもと・きいちろう)

写真家。1960年生まれ。東京写真専門学校で森山大道、深瀬昌久に学ぶ。1983年、平凡パンチ(マガジンハウス)特約フォトグラファーとなり、取材からグラビアとあらゆるものを撮影した。ターザン、ブルータス、ポパイ、リラックス各紙で特集やタイアップ広告を数多く撮影した。2001年に広告写真家としての登竜門 「年鑑 日本の広告写真」に北島康介Arena2002広告で入選(以後3期連続入選)を機に公益社団法人日本広告写真家協会会員となる。現在は同協会副会長、一般社団法人日本写真著作権協会理事を務める。2008年より宣伝会議「編集・ライター養成講座」で編集者やライター、「フォトディレクション基礎講座」で企業の広報担当者に写真の基礎を教えている。写真に関する技術的なことだけでなく、「写真を撮るとは」「ビジネスシーンに求められている写真とは」、その方法論を経験に基づき教えている。ライフワークとして「身近な絶景」と題して自宅から1000m以内の深大寺神代植物公園の風景を撮り続けている。2016年、2019年に展覧会開催(オリンパスギャラリー東京)。今に残る昭和なノスタルジックな風景を「身近な絶景」ノスタルジック編として撮り続けている。本年12月15~26日、OM SYSTEM GALLERY(旧オリンパスプラザ東京)にて、善本喜一郎写真展「東京タイムスリップ1984⇔2022」を開催予定。2021、2022年とベストセラーとなった「東京タイムスリップ1984⇔2021」と「東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022」(河出書房新社)掲載作品と写真集に未掲載の作品を展示。
Twitter : https://twitter.com/kipsyjp
Instagram : http://instagram.com/tokyo_timeslip/
HP : https://kiichiroyoshimoto.jp/

石原壮一郎(いしはら・そういちろう)
コラムニスト。1963年三重県生まれ。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。以来、数多くの著作や各種メディアでの発信を通して、大人のコミュニケーションの必要性と素晴らしさと実践的な知恵を日本に根付かせている。おもな著書に『大人力検定』『コミュマスター養成ドリル』『大人の超ネットマナー講座』『大人の言葉の選び方』など。故郷の名物を応援する「伊勢うどん大使」「松阪市ブランド大使」も務める。最新刊『【超実用】好感度UPの言い方・伝え方』(ワン・パブリッシング)。

______________________________________

【配信参加について】
・開演時間の30分前よりオンライン開場いたします
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからご視聴いただけます
・イベント中、お客様の顔や音声などは配信されませんのでご安心ください
・リアルタイム配信と見逃し視聴(一部イベントを除く)でお楽しみいただけます。見逃し視聴につきましては、準備が出来次第、Peatixのメッセージ機能よりご案内いたします
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合は、ご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください

【来店参加について】
・開演時間の30分前より開場/受付開始いたします
・最大100名まで入る会場を貸切とした上で、参加人数を絞り、ゆとりを持って設営しております
・係員及びスタッフの指示・注意に従ってください。万が一、指示に従っていただけない場合、イベントの中断・中止や、特定のお客様にご参加をお断りする場合がございます
・来店での参加の際にはマスクの着用をお願いしております
・店頭にアルコール消毒液をご用意しておりますので、ご入店の際は、手指の消毒にご協力お願いいたします
・非接触型体温計による検温を実施いたします。37.5℃を上回った場合は、イベントへの参加をお控えください
・来店チケットをご購入された方も、配信でご覧いただけます。当日体調などに不安がある方は配信視聴をご利用ください。配信でのご視聴につきましては、【配信参加について】をご確認ください
・車椅子やベビーカーでお越しの方は、当日スムーズにご案内するため、店舗スタッフにお声掛けいただくか、お手数ですが事前にご利用の旨をお知らせの上ご予約下さい。 なお会場はエレベーター備え付けの建物ですので、安心してお越しください
・イベントご来場にあたりご不明な点がございましたら、下記の<お問い合わせ先>までお気軽にご連絡ください

【書籍付きチケットについて】
・イベント関連書籍を、イベント配信チケットとセットで販売いたします
・ご記入いただいた住所は、書籍発送以外の目的には使用いたしません
・お客様のお名前を入れる「為書き」はございません。ご了承ください
・商品到着までお時間をいただく場合がございます。また発送は、本屋B&Bよりお送りさせていただきます
・長期不在・住所不明等により書籍が返送された場合、保管期間内であれば、着払いにて発送させていただきます。保管期間は、イベント開催日から3ヶ月といたします
・海外発送は行っておりません

【キャンセルについて】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

______________________________________

【本イベントに関するお問い合わせ】
イベントに関するお問い合わせはこちらをご確認ください
知りたい回答が見つからない、解決しない場合など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

<お問い合わせ先>
event (at) bookandbeer.com
 ※(at)を@に変換して送信してください

______________________________________

イベントのご予約はこちらから!

出演者善本喜一郎
石原壮一郎

出版社河出書房新社

開催日時19:00~21:00 (18:30オンライン開場)

開催場所本屋B&B
世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F
+オンライン配信

入場料【来店参加(数量限定・1ドリンク付き)】2,750円(税込)
【配信参加】1,650円(税込)
【サイン入り書籍つき配信参加】1,650円+書籍『東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022』2,000円(いずれも税込)※イベント後発送
【サインなし書籍つき配信参加】1,650円+書籍『東京DEEPタイムスリップ1984⇔2022』2,000円(いずれも税込)※イベント後発送