こちらを表示中:

鈴木成一
「【全5回】本屋B&B 超実践 装丁の学校」

鈴木成一
「【全5回】本屋B&B 超実践 装丁の学校」

書籍の顔ともいうべき「装丁」は、ただのデザインではありません。

その本が持つ世界観を具体的に表現することで、命を吹き込む行為とも言えます。

ただ、デザインを学ぶ学校はあっても、そんな「装丁」を学ぶ学校は多くありません。

デザイナーのアシスタントを務めながら、徒弟制度のような形で学ぶしかない……というのが現状です。

そこで、今回本屋B&Bは、「30年で1万冊の装丁を手がけた」というグラフィック・デザイナー鈴木成一さんをお招きして、その技術を伝える「装丁の学校」を開校します。

本の装丁はどうやって作られるのか――今回は、出版社の協力を得て、編集者と鈴木さんのやりとりを初期段階から公開します。

書籍になる前の原稿を読み、必要に応じてイラストレーターや写真家の方など受講者自身で交渉し発注、装丁を完成に近づけていくことを通じて、来店受講者に実際の本作りに参加していただきます。

さらに、来店受講者の装丁案は、鈴木さん自ら講評。最終日に決定する最優秀作は、実際に刊行する本の装丁に採用することも検討しています。

採用された最優秀作は、該当書籍の奥付にクレジットされる予定です。

来店でも、オンラインでも受講可能。
(オンライン受講の場合は課題提出などはできません。視聴のみの参加となります)

みなさまのご参加をお待ちしております。

【講師プロフィール】


鈴木成一(すずき・せいいち)
1962年北海道生まれ。筑波大学芸術研究科修士課程中退後、1985年よりフリーに。1992年(有)鈴木成一デザイン室を設立。1994年講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。エディトリアル・デザインを主として現在に至る。筑波大学人間総合科学研究科、多摩美術大学情報デザイン学科非常勤講師。著書に『装丁を語る。』『デザイン室』(以上、イースト・プレス)、『デザインの手本』(グラフィック社)。

【以下、 講義テーマ一覧】
1回 6月24日(月)19:0021:00
「装丁概論」
装丁の基本的な考え方を学びます。また、実際に、小学館の柏原さんと鈴木さんの「公開打ち合わせ」に参加。具体的に作品を読んだ上で、次回のラフ制作に着手します。

2回 7月10日(水)19:0021:00
「ラフ講評 前編」
来店受講者を2グループに分け、まず最初のグループが実際に制作したラフをプレゼン。鈴木さんが指導します。場合によっては、実際にPCのデータを触りながら、具体的に添削していきます。

3回 7月11日(木)19:0021:00
「ラフ講評 後編」
第2回同様、残りのグループの来店受講者が実際に制作したラフをプレゼン。鈴木さんが具体的に指導していきます。

4回 7月24日(水)19:0021:00
「再提出ラフ講評」
初回のラフ講評を得て、ラフを再提出しプレゼン。鈴木さんが具体的に指導していきます。

5回 8月7日(水)19:0021:00
「最終講評」
前回までの指導を受けた受講生が最終データを作成しプレゼン。最優秀作が決まります。

【受講料】 
来店全5回 92,000円(税込)  
※来店受講6/16をもって受付終了
配信全5回 25,000円(税込) 
※受付終了いたしました
配信(初回のみ) 6,500円(税込)  ※受付終了いたしました
配信(第2回~第5回) 20,000円(税込)

【受講申込】
以下のフォームより、お客さまの情報をご記入ください(来店の応募期限 6/16 12時まで。配信は6/24の18時まで)応募はこちらから

受講者には、追ってお振込先などをご連絡させていただきます。

※受講条件として「志望動機」と「(もしあれば)制作物」をあらかじめ提出いただきます。提出物を講師・事務局で検討の上、受講の可否をご連絡いたします
※講座にかかる諸経費(テキスト費、イラスト費、写真費など)は、ご自身でご負担いただきます

※たくさんのご応募をいただきありがとうございました。来店受講は締切りました  

配信での視聴参加は受付中!!
■配信【全5回】視聴参加 →https://bb2024suzukiseiichi01-05.peatix.com/
■配信【初回のみ】視聴参加 →https://bb2024suzukiseiichi01.peatix.com/
■配信【第2回~第3回】→https://bb2024suzukiseiichi01-05.peatix.com/

【出演者】
鈴木成一
柏原航輔(進行)