こちらを表示中:

フィクショネス 文学の教室
安部公房『砂の女』
を3ヶ月かけてじっくりと読む

フィクショネス 文学の教室
安部公房『砂の女』
を3ヶ月かけてじっくりと読む

※開催時間変更のお知らせ:今回より開催時間が10時30分~12時00分に変更になります

※本イベントはご来店またはリアルタイム配信でご参加いただけるイベントです。詳細につきましてはページ下部をご確認ください

砂丘へ昆虫採集に出かけた男が、砂穴の底に埋もれていく一軒家に閉じ込められる。考えつく限りの方法で脱出を試みる男。家を守るために、男を穴の中にひきとめておこうとする女。そして、穴の上から男の逃亡を妨害し、二人の生活を眺める村の人々…

今回の文学の教室は、ドキュメンタルな手法、サスペンスあふれる展開のうちに、人間存在の極限の姿を追求した『砂の女』に迫る3ヶ月になります。

フィクショネス×本屋B&B「文学の教室」は、1つの作品、1つの国や時代、1人の作家などに焦点を絞り、複数回に分けて、さまざまな視点で読み解く講座です。ホストは2014年7月に惜しまれつつ閉店した下北沢の書店「フィクショネス」の店主であり、作家の藤谷治さんにつとめていただきます。
 
それぞれ独立した回ですので、単発のみの参加でもお楽しみいただけます。また読了をされていなくても参加できます。
ずっと読みたかったけどなかなかきっかけがなかったという方や、かつて手に取ってみたけれどうまく読み進められなかったという方など、この機会にぜひご参加ください!また、感想文や書評などを持参すれば、藤谷さんご本人からコメントもいただけます。物書きを目指す方にとっては、藤谷さんが語る創作上の技術や姿勢が創作の手引になることでしょう。

答え合わせではなく「文学」について考えるきっかけとなる「文学の教室」。
どうぞお気軽にご参加ください!

【講師プロフィール】
藤谷治(ふじたに・おさむ)
作家。1963年東京都出身。1998年から2014年までに東京の下北沢にセレクト・本屋「フィクショネス」を経営。また書店経営のかたわら創作を続け、2003年に『アンダンテ・モッツァレラ・チーズ』(小学館)で作家デビュー。近著に『小説は君のためにある』(筑摩書房)、『燃えよ、あんず』(小学館)、『猫がかわいくなかったら』(中央公論新社)、『睦家四姉妹図』(筑摩書房)がある。

______________________________________

【来店での参加につきまして】
・最大100名まで入る会場を貸切とした上で、最大人数10名と絞りゆとりを持って設営しております。
・来店での参加の際にはマスクの着用をお願いしております。
・店頭に消毒用のアルコールをご用意しておりますので入店の際にご協力をお願いいたします。
・来店チケットをご購入の方は、チケットご購入後、ご登録などの必要はございません。当日ご来店いただき、スタッフにお名前をお申し付けください。
・来店チケットをご購入された方も、配信でご覧いただけます。当日体調などに不安がある方は配信視聴をご利用ください。配信でのご視聴につきましては上記【配信での参加につきまして】をご確認ください。

【配信での参加につきまして】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします。
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です。
・イベント中の講師への質問などお気軽に行っていただくことができます。
・配信はリアルタイムのみでご視聴いただけます。録画での視聴はできませんのでご注意ください。
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください。
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください。

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

______________________________________

イベントのご予約はこちらから!

※ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください

出演者藤谷治

出版社

開催日時10:30~12:00 (10:15開場)
1月16日、2月20日、3月20日

開催場所本屋B&B
世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F

入場料■来店単発参加:1,650円
■配信単発参加:1,650円
■全3回通し来店&配信参加:3,300円
■全3回通し配信参加:3,300円
(上記いずれも税別)