B&B

EVENT

CALENDAR

2020/08
M T W T F S S
3456789
10111213141516
17181920212223
2020/08 - 2020/09
M T W T F S S
24252627282930
31123456
78910111213
2020/09 - 2020/10
M T W T F S S
14151617181920
21222324252627
2829301234
 
 

2016/06/26 Sun

鴻巣友季子×野崎歓
「ほのぼのとした笑い、その奥に潜む得体のしれない恐ろしさについて」
J・M・クッツェー著『イエスの幼子時代』刊行記念

J・M・クッツェー著、鴻巣友季子さん訳の『イエスの幼子時代』が、6月23日に早川書房より刊行されます。

母と生き別れた少年の面倒を見ることになった老人が、流れ着いた奇妙な島で少年の母を探し始める。しかし少年には母の記憶すらなく……。
本書は、ノーベル賞作家の最新長篇であり、『恥辱』『遅い男』を翻訳した鴻巣さんにとっての、クッツェー訳書の最新作でもあります。

今回B&Bでは、『イエスの幼子時代』刊行を記念してイベントを開催します。
お相手にお迎えするのは、クッツェーの書評を数多く書かれている、野崎歓さん。

「今回は、男の子が大活躍する作品であり、めずらしく、“どこかほのぼのとした、笑えるクッツェー”でございます。……とはいえ、その奥には得体の知れない恐ろしさがあるのですが」
と、『イエスの幼子時代』についてコメントを寄せてくださった鴻巣さん。
そして、息子さんもいらっしゃる野崎さんは、この作品をどう読まれたのか?

じっくりと伺っていきます。

お二人の公開対談は、約10年ぶりになるか、とのこと!
どうぞお楽しみに!


イベントのご予約はこちらから!

  • 出演 _ 

    鴻巣友季子(翻訳家、エッセイスト)
    野崎歓(フランス文学者、東京大学教授)

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE