NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/11 - 2017/12
M T W T F S S
20212223242526
27282930123
45678910
2017/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
25262728293031
 
 

2017/12/14 Thu

山田佳奈×ペヤンヌマキ×田中大介
「演劇人たちが語る、『下北沢』と諸々について」
劇団『口字ック』本多劇場進出記念

A3二つ折り_表(外側) [更新済み]

映画監督としても活躍の場を広げる山田佳奈さん主宰の劇団『口字ック』が、第12回本公演『滅びの国』で本多劇場に初進出します。吉本菜穂子さん、三津谷亮さん、黒沢あすかさん、オクイシュージさんら豪華ゲスト出演陣を招き、どんな劇世界を展開するのでしょうか?

“女性”をモチーフに劇世界を広げ、『男女逆転版・痴人の愛』を当イベントと同時期に上演するブス会*主宰のペヤンヌマキさんがゲストスピーカーに決定。モチーフは近くとも作劇上のアプローチが異なる二人の作家によるトークにご期待。映像と演劇を行き来しながら活動する二人の共通点から、どんなエピソードが繰り広げられるのでしょうか。

本屋B&Bの演劇トーク企画では3回目の登壇となる、徳間書店の田中大介さんもゲスト出演。昨今の演劇界、小劇場すごろくのあり方、演劇と映像の両立など、語り合うテーマはさまざま。

師走の激烈演劇トークにご期待ください!

※イベント当日は『滅びの国』のチケット予約を承ります

【出演者プロフィール】
yamada kana
山田佳奈(やまだ・かな)
1985年、神奈川県生まれ。劇作家、演出家、女優、映画監督、口字ック主宰。レコード会社勤務を経て、2010年にロ字ックを旗揚げ。ほぼ全公演の脚本、演出、選曲を担当。演劇ポータルサイト「CoRich 舞台芸術まつり!2014」でグランプリ受賞。舞台の外部出演が多数あり、女優としても活躍。映画監督としても注目を集めており、『夜、逃げる』『今夜新宿で、彼女は、』でメガホンをとり、「渋谷TANPEN映画祭 CLIMAX at佐世保」にてブロンズバーガー賞と主演を務めた広山詞葉は最優秀女優賞を受賞。2017年10月は、町田マリー主宰のパショナリーアパショナーリア『絢爛とか爛漫とか-モダンガール版-』で演出を担当。2018年1月17日より、第12回本公演『滅びの国』を上演。
http://www.roji649.com/

ペヤンヌ宣材
ペヤンヌマキ(ぺやんぬ・まき)
1976年、長崎県生まれ。劇作家、演出家、ブス会*主宰、AV監督(ペヤングマキ名義)。早稲田大学在学中、三浦大輔主宰の劇団「ポツドール」の旗揚げに参加。AV監督として活動する傍ら、2006年に『女のみち』、2007年に『女の果て』を上演(いずれも脚本・演出)。2010年、演劇ユニット「ブス会*」を旗揚げ。『男たらし』『お母さんが一緒』が、2年連続で岸田國士戯曲賞最終候補作品に選出される。近年はフリーの映像ディレクター・脚本家としてテレビドラマなども手がける。最新刊に『女の数だけ武器がある。 たたかえ! ブス魂』(幻冬舎文庫)がある。
http://busukai.com/

田中大介(たなか・だいすけ)
1977年生まれ。徳間書店学芸編集部所属。週刊誌記者、映画雑誌編集者等を経て現職。ビジネス書、演劇関連書、文芸(文庫)などの書籍を担当。ライターとして『週刊現代』『えんぶ』に寄稿するほか、演劇作品DVDのライナーノーツも執筆。
http://www.tokuma.jp/


イベントのご予約はこちらから!


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    山田佳奈(口字ック主宰)
    ペヤンヌマキ(ブス会*主宰)
    田中大介(徳間書店)    

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE