EVENT

CALENDAR

2018/12
M T W T F S S
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2018/12 - 2019/01
M T W T F S S
31123456
78910111213
14151617181920
2019/01 - 2019/02
M T W T F S S
21222324252627
28293031123
45678910
 
 

2018/12/12 Wed

松永光弘×伊藤直樹
「クリエイティビティは、どこまで言語化できるのか」
『「アタマのやわらかさ」の原理。クリエイティブな人たちは実は編集している』(インプレス)刊行記念

書影02 (1)

「クリエイティビティ」や「創造性」は、感性の世界のものだから、言葉では説明できない──多くの人がそう考えています。でも、趣味の範囲でひとりでなにかをつくるならともかく、社会やビジネスの場で、なんらかの企画を「クリエイト」したり、新しい価値を「創造」したりするとなると、やはりロジカルな手がかりがほしいところです。

そんな“難題”に、ひとつの答えを示しているのが、このたび刊行された『「アタマのやわらかさ」の原理。クリエイティブな人たちは実は編集している』です。著者の松永光弘さんは、これまで広告・デザイン界のスタークリエイターたちの書籍を多数手がけてきた名編集者。いわば「天才の翻訳」に取り組んできた人です。

そこに、自身がクリエイターとして活躍するだけでなく、PARTYというクリエイティブ集団を率いても、非常にロジカルなマネジメントによって驚くような仕事をつぎつぎと成し遂げてきたクリエイティブディレクターの伊藤直樹さんをゲストにお迎えして、このイベントでは「クリエイティビティや創造性の正体」「言語化の可能性」についてお話しいただきます。

・クリエイティビティは本当に説明できないものなのか
・創造性は、意識的に強化できるものなのか
・「天才の翻訳」は可能なのか
・クリエイターとAIとのコラボレーションとは、どのようなものなのか

おふたりの経験やさまざまなエピソードをもとに、クリエイティブの「裏側にあるもの」を浮き彫りにしていきます。

お楽しみに!

【出演者プロフィール】
松永光弘(まつなが・みつひろ)
編集者。クリエイティブをテーマとした書籍の企画および編集にたずさわる。手がけた書籍には、クリエイターたちにバイブルとして長く読みつがれているものが多い。おもな仕事には、『「売る」から、「売れる」へ。水野学のブランディングデザイン講義』(水野学)、『広告コピーってこう書くんだ!読本』(谷山雅計)、『「伝わる」のルール─体験でコミュニケーションをデザインする』(伊藤直樹)、『ひとつ上のプレゼン。』(眞木準ほか)、『クリエイティブマインド─つくるチカラを引き出す40の言葉たち』(杉山恒太郎)、『新訳「ドラえもん」』(藤子・F・不二雄、佐々木宏)など。出版にとらわれない編集術の研究家であり、編集の考え方を生かして教育事業に取り組んだり、企業のアドバイザーをつとめたりもしている。

伊藤直樹(いとう・なおき)
PARTY クリエイティブディレクター。1971年、静岡県生まれ。ワイデン+ケネディトウキョウを経て、2011年に未来の体験を社会にインストールするクリエイター集団「PARTY」を設立。クリエイティブディレクター、CEOをつとめる。18年、『WIRED』日本版クリエイティブディレクターに就任。カンヌ・ライオンズ金賞など、国内外での受賞歴は250を超える。
https://prty.jp/

イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    松永光弘(編集者)
    伊藤直樹(PARTY クリエイティブディレクター)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink


ARCHIVE