EVENT

CALENDAR

2019/07 - 2019/08
M T W T F S S
15161718192021
22232425262728
2930311234
2019/08
M T W T F S S
567891011
12131415161718
19202122232425
2019/08 - 2019/09
M T W T F S S
2627282930311
2345678
9101112131415
 
 

2019/06/08 Sat

高口康太×安田峰俊×山谷剛史
「B級中国 vs. S級中国 『天安門』30年 性と欲望の中国はS級B級論」

巨大国家・中国は多面体です。

どこか一面だけに注目すれば、「世界をリードする先端国家」「立ち遅れた発展途上国」「政府批判も工口も封殺する監視国家」「民主主義を渇望する市民と力で押さえ込む国家」などなど、ありきたりの論点を拾い出せます。

ですが、本当の意味で中国を知るためには多面体の全体像を観察する必要があります。

誰に頼まれたわけでもないのにニッチな世界から総合的な中国像の構築に挑み続けてきた、3人の中国物書き界のヤングライオンが、中国のテクノロジーを知りたい人も、中国の覇権主義を恐れる人も、気づいていない中国の混沌に迫ります。

毎回満員御礼の人気イベントの第三弾ですが、今回は高口康太さん編著、山谷剛史さんほか3人著『中国S級B級論 —発展途上と最先端が混在する国』(さくら舎、2019年5月)、安田峰俊さん『性と欲望の中国』(文春新書、2019年5月)、安田峰俊さん・石平さん『「天安門」三十年 中国はどうなる?』(育鵬社、2019年5月)と最新刊をひっさげての登場。

政治、工口、経済、トホホ日本、テクノロジー、ダメ評価経済とトラベラーなどなど縦横無尽に語り尽くします。

※ツイッターハッシュタグ
#B級中国

【出演者プロフィール】
高口康太(たかぐち・こうた)
ジャーナリスト、翻訳家。1976年生まれ。二度の中国留学を経て、中国の経済、社会、文化を専門とするジャーナリストに。雑誌、ウェブメディアに多数の記事を寄稿している。著書に『なぜ、習近平は激怒したのか——人気漫画家が亡命した理由』『現代中国経営者列伝』『中国S級B級論』など。

安田峰俊(やすだ・みねとし)
ルポライター、立命館大学人文科学研究所客員研究員。1982年滋賀県生まれ。近刊に深センのネトゲ廃人村やカナダの反日グランドマスターを追いかけた『さいはての中国』(小学館新書)。六四天安門事件の経験者に取材したハードルポ『八九六四』(KADOKAWA)で城山三郎賞受賞、大宅壮一ノンフィクション賞最終候補。他の著書に『和僑』『境界の民』(KADOKAWA)、編訳書に『「暗黒・中国」からの脱出』(文春新書)など。

山谷剛史(やまや・たけし)
フリーランスライター。2002年より中国雲南省昆明市を拠点に活動。中国、インド、アセアンのITや消費トレンドをIT系メディア・経済系メディア・トレンド誌などに執筆。メディア出演、講演も行う。著書に『中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立』『新しい中国人 ネットで団結する若者たち』『中国S級B級論』など。

イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら
※前売り券が売り切れの場合、追加販売の可能性がございます。追加販売のお知らせは発売の1日前にはホームページ上で告知をいたしますので、逐次ご確認ください。

  • 出演 _ 

    高口康太(ジャーナリスト・翻訳家)
    安田峰俊(ルポライター・立命館大学人文科学研究所客員研究員)
    山谷剛史(フリーランスライター)

  • 時間 _ 

    19:00~21:00 (18:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE