B&B

EVENT

CALENDAR

2020/09 - 2020/10
M T W T F S S
2829301234
567891011
12131415161718
2020/10 - 2020/11
M T W T F S S
19202122232425
2627282930311
2345678
2020/11
M T W T F S S
9101112131415
16171819202122
23242526272829
 
 

2020/09/19 Sat

佐々木敦×矢野利裕
「何もかも論じ(ようとし)た男」
『批評王:終わりなき思考のレッスン』(工作舎) 『絶体絶命文芸時評』(書肆侃侃房)W刊行記念

※本イベントは配信またはご来店のいずれかでご参加いただけるイベントです。詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

 

批評王_web   0812_絶体絶命文芸時評カバー

 

思想、文芸、音楽、映画、コミック、演劇、アート……ここ十数年、日本の批評家の中でも、唯一と言っていいほど多彩なジャンルに取り組んできた佐々木敦さん。そんな彼が批評家卒業を宣言しました。

 

そして、これまでの批評活動を振り返るべく、8月末には「ただそれだけを読んでも面白い」、ロジック&レトリックが冴えわたる全78編を集大成した『批評王:終わりなき思考のレッスン』(工作舎)を、9月には「崖っぷちに立って俯瞰する様子が見てとれる」、新聞三社連合の文芸時評5年分を柱とした『絶体絶命文芸時評』(書肆侃侃房)を刊行。

 

この2冊の刊行を記念して、佐々木さんが講師を務めた映画美学校・批評家養成ギブス1期生で、批評家・DJとして活躍する矢野利裕さんをお迎えし、「批評が直面している危機とは?」「批評と創作の違いとは?」「ロジック&レトリックの磨き方は?」など、批評の「これまで」と「これから」をめぐって、佐々木さんとたっぷりと語っていただきます。批評家卒業宣言後の総まとめとも言えるこの対談、どうぞお見逃しなく!

 

そして、この対談に合わせて、特別な特典もご用意しました。
『批評王』、『絶体絶命文芸時評』のどちらでも、書籍付き配信でご参加いただいた方には、書籍とともに、単著・共著・責任編集を含めて全42冊の著作を、佐々木氏自らが一冊ずつ詳細に解説した超充実オリジナル・ブックレット『「批評王」の省察:佐々木敦、全著作を語る。』(四六判変型/トレーシングペーパー+厚紙表紙/本文12ページ/2色刷り/中綴じミシン製本)を同封してお送りします。

 

こちらもどうぞお買い逃しなく!

 

king_tokuten0813a king_tokuten0813b king_tokuten0813c

 
 

【出演者プロフィール】

 

sasaki_photo02
佐々木敦(ささき・あつし)
文筆家。1964年、愛知県名古屋市生まれ。ミニシアター勤務を経て、映画・音楽関連媒体への寄稿を開始。1995年、「HEADZ」を立ち上げ、CDリリース、音楽家招聘、コンサート、イベントなどの企画制作、雑誌刊行を手掛ける一方、映画、音楽、文芸、演劇、アート他、諸ジャンルを貫通する批評活動を行う。2001年以降、慶應義塾大学、武蔵野美術大学、東京藝術大学などの非常勤講師を務め、早稲田大学文学学術院客員教授やゲンロン「批評再生塾」主任講師などを歴任。2020年、小説『半睡』を発表。同年、文学ムック『ことばと』編集長に就任。批評関連著作は、『この映画を視ているのは誰か?』(作品社、2019)、『私は小説である』(幻戯書房、2019)、『アートートロジー:「芸術」の同語反復』(フィルムアート社、2019)、『小さな演劇の大きさについて』(Pヴァイン ele-king books、2020)、『これは小説ではない』(新潮社、2020)他多数。

 

yano_gazou
矢野利裕(やの・としひろ)
批評家、DJ。1983年、東京都生まれ。映画美学校・批評家養成ギブス1期生。2014年、「自分ならざる者を精一杯に生きる:町田康論」が、第57回群像新人文学賞・評論部門優秀作に。さまざまなメディアで、文学・音楽を中心に批評活動を行なう。現在は、文芸批評集、教育に関する著書を執筆中。著書に、『コミックソングがJ-POPを作った:軽薄の音楽史』(Pヴァイン、2019)、『SMAPは終わらない:国民的グループが乗り越える「社会のしがらみ」』(垣内出版、2016年)、『ジャニーズと日本』(講談社現代新書、2016)、『ジャニ研! TWENTY TWENTY』(原書房、2020)大谷能生・速水健朗との共著などがある。

 
______________________________________

 

【来店での参加につきまして】
・最大100名まで入る会場で、最大人数10名と絞りゆとりを持って設営しております。
・来店での参加の際にはマスクの着用をお願いしております。
・店頭に消毒用のアルコールをご用意しておりますので入店の際にご協力をお願いいたします。
・ドリンクの提供は中止しております。
・来店チケットをご購入された方も配信でご覧いただけます。配信でのご視聴につきましては下記【配信での参加につきまして】をご確認ください。当日体調などに不安がある方はこちらをご利用ください。

 

【配信での参加につきまして】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします。
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です。
・配信はリアルタイムのみでご視聴いただけます。録画での視聴はできませんのでご注意ください。
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください。
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください。

 

【書籍付き配信での参加につきまして】
・書籍の発送は国内に在住の方のみご利用いただけます。海外への発送は承っておりませんのでご注意ください。

 

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください。

 
______________________________________

 

イベントのご予約はこちらから!

 

※ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください

  • 出演 _ 

    佐々木敦
    矢野利裕

  • 時間 _ 

    19:00~21:00 (18:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F

  • 入場料 _ 

    ■来店参加(10名限定):1500円
    ■配信参加:1500円
    ■書籍つき配信参加A:1500円+書籍『批評王』2700円
    ■書籍つき配信参加B:1500円+書籍『絶体絶命文芸時評』2000円
    ■書籍つき配信参加C:1500円
    +書籍『批評王』・『絶体絶命文芸時評』4700円+送料
    (上記いずれも税別、書籍付きチケットにはいずれも特典ブックレット。)


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE