こちらを表示中:

奥野克巳×角幡唯介
「未知なる大地や人々とともに」
『これからの時代を生き抜くための文化人類学入門』(辰巳出版)刊行記念

奥野克巳×角幡唯介
「未知なる大地や人々とともに」
『これからの時代を生き抜くための文化人類学入門』(辰巳出版)刊行記念

  • リアルタイム配信
  • 現地参加
  • アーカイブ配信  :  2022-09-07 ~ 2022-10-07

※本イベントはご来店またはリアルタイム配信と見逃し視聴(1ヶ月)でご参加いただけるイベントです。詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

イベントのご予約はこちらから!

6月21日、文化人類学者・奥野克巳さんの新刊『これからの時代を生き抜くための文化人類学入門』が発売されました。

同書は、長らく、東南アジアの森に住む焼畑民や狩猟民のもとで文化人類学のフィールドワークを行ないながら、四半世紀にわたって大学で文化人類学を教えてきた著者による文化人類学の入門書です。

この本の刊行を記念してトークイベントを開催します。

ゲストは、探検家の角幡唯介さんです。

角幡さんは、数々の探検ノンフィクションを世に送り出し、カナダ北極圏1600Kmを2011年に徒歩で踏破されてから、『極夜行』や『狩りの思考法』など次々に刊行されてきています。また今年から待望の『狩りと漂泊』シリーズも刊行され始めました。

奥野さんは、ある鼎談で、角幡さんは、光がない闇の世界に自ら出かけて行って、自らの全身全霊を賭けて「光を見るとはどういうことか」を探求されているが、そうした態度は、文化人類学にかつてあったが、欠けてしまったものだと述べています。

今年もグリーンランド北部での狩猟漂泊行から帰国した角幡さん、3年ぶりに出かけたボルネオ島の森の民プナンの現地滞在から戻ったばかりの奥野さんが、未知なる大地や人々とともにいることとはどういうことなのか、それぞれの狩りの経験などについて語り合います。

どうぞお楽しみに。

【出演者プロフィール】
奥野克巳(おくの・かつみ)
立教大学異文化コミュニケーション学部教授。1962年生まれ。20歳でメキシコ・シエラマドレ山脈先住民テペワノの村に滞在し、バングラデシュで上座部仏教の僧となり、トルコのクルディスタンを旅し、インドネシアを一年間経巡った後に文化人類学を専攻。1994~95年に東南アジア・ボルネオ島焼畑民カリスのシャーマニズムと呪術の調査研究、2006年以降、同島の狩猟民プナンとともに学んでいる。単著に『一億年の森の思考法』『絡まり合う生命』『モノも石も死者も生きている世界の民から人類学者が教わったこと』『ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと』、共著・共編著に『今日のアニミズム』『モア・ザン・ヒューマン』『マンガ人類学講義』『たぐい』Vol.1~4.など。共訳書にコーン著『森は考える』ウィラースレフ著『ソウル・ハンターズ』インゴルド著『人類学とは何か』など。

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)
1976年北海道芦別市生まれ。早稲田大卒。探検家・作家。チベット奥地のツアンポー峡谷を単独で二度探検し、2010年『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』(集英社)で第8回開高健ノンフィクション賞、11年同作品で第42回大宅壮一ノンフィクション賞などを受賞。その後、探検の地を北極に移し、11年、カナダ北極圏1600キロを踏破、13年『アグルーカの行方 129人全員死亡、フランクリン隊が見た北極』(集英社)で第35回講談社ノンフィクション賞。16~17年、太陽が昇らない冬の北極圏を80日間にわたり探検し、18年『極夜行』(文藝春秋)で第1回Yahoo! ニュース 本屋大賞ノンフィクション本大賞、第45回大佛次郎賞。ほか受賞歴多数。19年から犬橇での旅を開始、毎年グリーンランド北部で2カ月近くの長期狩猟漂泊行を継続している。近著に『狩りの思考法』(清水弘文堂書房)、『狩りと漂泊 第一部 裸の大地』(集英社)がある。

______________________________________

【配信参加について】
・開演時間の30分前よりオンライン開場いたします
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからご視聴いただけます
・イベント中、お客様の顔や音声などは配信されませんのでご安心ください
・リアルタイム配信と見逃し視聴(一部イベントを除く)でお楽しみいただけます。見逃し視聴につきましては、準備が出来次第、Peatixのメッセージ機能よりご案内いたします
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合は、ご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください

【来店参加について】
・開演時間の30分前より開場/受付開始いたします
・最大100名まで入る会場を貸切とした上で、参加人数を絞り、ゆとりを持って設営しております
・係員及びスタッフの指示・注意に従ってください。万が一、指示に従っていただけない場合、イベントの中断・中止や、特定のお客様にご参加をお断りする場合がございます
・来店での参加の際にはマスクの着用をお願いしております
・店頭にアルコール消毒液をご用意しておりますので、ご入店の際は、手指の消毒にご協力お願いいたします
・非接触型体温計による検温を実施いたします。37.5℃を上回った場合は、イベントへの参加をお控えください
・来店チケットをご購入された方も、配信でご覧いただけます。当日体調などに不安がある方は配信視聴をご利用ください。配信でのご視聴につきましては、【配信参加について】をご確認ください

【書籍付きチケットについて】
・イベント関連書籍を、イベント配信チケットとセットで販売いたします
・ご記入いただいた住所は、書籍発送以外の目的には使用いたしません
・お客様のお名前を入れる「為書き」はございません。ご了承ください
・商品到着までお時間をいただく場合がございます。また発送は、本屋B&Bよりお送りさせていただきます
・長期不在・住所不明等により書籍が返送された場合、保管期間内であれば、着払いにて発送させていただきます。保管期間は、イベント開催日から3ヶ月といたします
・海外発送は行っておりません

【キャンセルについて】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

______________________________________

【本イベントに関するお問い合わせ】
イベントに関するお問い合わせはこちらをご確認ください
知りたい回答が見つからない、解決しない場合など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

<お問い合わせ先>
event (at) bookandbeer.com
 ※(at)を@に変換して送信してください

______________________________________

イベントのご予約はこちらから!

出演者奥野克巳
角幡唯介

出版社辰巳出版

開催日時20:00~22:00 (19:30オンライン開場)

開催場所オンライン配信

入場料【配信参加】1,650円(税込)
【サイン入り書籍つき配信参加】1,650円+書籍『これからの時代を生き抜くための文化人類学入門』1,760円(いずれも税込)※イベント後発送
【サインなし書籍つき配信参加】1,650円+書籍『これからの時代を生き抜くための文化人類学入門』1,760円(いずれも税込)※イベント後発送
【サイン入り書籍つき配信参加】1,650円+書籍『裸の大地 第一部 狩りと漂泊』1,980円(いずれも税込)※イベント後発送
【サインなし書籍つき配信参加】1,650円+書籍『裸の大地 第一部 狩りと漂泊』1,980円(いずれも税込)※イベント後発送
【サイン入り書籍つき配信参加】1,650円+書籍『これからの時代を生き抜くための文化人類学入門』1,760円+書籍『裸の大地 第一部 狩りと漂泊』1,980円+配送手数料520円(いずれも税込)※イベント後発送
【サインなし書籍つき配信参加】1,650円+書籍『これからの時代を生き抜くための文化人類学入門』1,760円+書籍『裸の大地 第一部 狩りと漂泊』1,980円+配送手数料520円(いずれも税込)※イベント後発送