B&B

EVENT

CALENDAR

2021/04 - 2021/05
M T W T F S S
19202122232425
262728293012
3456789
2021/05
M T W T F S S
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2021/05 - 2021/06
M T W T F S S
31123456
78910111213
14151617181920
 
 

2021/04/30 Fri

馬場正尊✕伊藤総研
「柔らかい都市のつくり方」
『テンポラリーアーキテクチャー:仮設建築と社会実験』(学芸出版社)刊行記念


※本イベントはリアルタイム配信のみでご参加いただけるイベントです。詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
81C+6fStZiL

 

建築設計、リノベーション、公共空間・地方都市の再生を手がけるOpenAの書籍が、昨年末刊行されました。

 

昨今、増えつつある増加する、都市再生の「仮設建築」や「社会実験」。

 

「いきなり本格的な建築をつくれなければ、まず小さく早く安く実験しよう」と謳った本書は、ファーニチャー/モバイル/パラサイト/ポップアップ/シティとスケール別に都市のアップデート手法を探った、事例、制度、妄想アイデア集です。

 

この刊行を記念してトークイベントを開催します。

 

出演は、OpenA代表の馬場正尊さん、そしてゲストには編集者の伊藤総研さんをお迎えします。

 

以下、馬場さんご自身の言葉を引用します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

“メディアや社会実験が都市をどう変えるか?”

 

僕はかつて、広告会社で働いていたり、雑誌の編集をしたり、建築を基軸にする前は、どちらかというとメディアの世界にいた。

 

だからこそ今でも、本を書くことや東京R不動産のようなメディアを作ることで新たな問題提起を投げかけ、プロジェクトや建築をつくる、という作業を繰り返している。

 

新著『テンポラリーアーキテクチャー/仮設建築と社会実験』も、本一冊がそのまま企画書という気持ちでつくった。

 

建築のような物質的でハードなモノだけでなく、メディアや社会実験のように形なきモノや状況をつくることも、都市の風景をつくる手段だと思っている。

 

今回のトークでは、メディアや社会実験が、都市の風景にどのようなインパクト与えるか、さらに具体的にどんな方法で企画、実行するか、話し合ってみたい。

 

こんな横断的なテーマに付き合ってくれる対談相手は誰だろうか?

 

とっさに頭に浮かんだのが伊藤総研さんだった。

 

伊藤総研さんは、小さな組織の総合研究所。最初は一人で総研を名乗っていて、それが劇団ひとり、みたいでユニークだったのだけど、いつの間にかに組織が大きくなって、シャレではなくなっているのが皮肉だ。

 

ただ一貫して、既存の形にとらわれない手法で都市を揺さぶっている。自由さ、変幻自在さで、時代にフィットした仕掛けを繰り出している。その柔らかさが、ずっと気になっていた。

 

都市とメディアをめぐるお互いの活動を紹介しながら、これまでの、そしてこれからの都市に仕掛けてみたい実験について話し合ってみたい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【出演者プロフィール】
馬場正尊(ばば・まさたか)
建築家、株式会社OpenA代表、公共R不動産ディレクター。1968年佐賀県生まれ。1994年早稲田大学大学院建築学科修了。2003年OpenAを設立。建築設計、都市計画、執筆などを行い、同時期に「東京R不動産」を始める。2015年にウェブメディア「公共R不動産」をスタート。建築の近作として「泊まれる公園INN THE PARK」(2017年)、「佐賀城内エリアリノベーション」(2018年)など 。 近著に『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』(学芸出版社、2015)、『公共R不動産のプロジェクトスタディ』(学芸出版社、2018)など。

 

伊藤総研(いとう・そうけん) 
1974年福岡県生まれ。広告キャンペーン制作、企業のコーポレートブランディング、雑誌や書籍の企画・編集、映像・WEB制作、現在に至るまで活動は多岐に渡る。主な仕事として、ソニー企業「GINZA SONY PARK PROJECT」、エルメス「ラジオエルメス」、SEIKO140周年プロジェクト「やさしい時間/時問時答」、松屋銀座150周年プロジェクト「デザインの松屋」、トヨタ自動車「五大陸走破」、資生堂「BAUM」、NHK福岡開局90年プロジェクト「みんなが出るテレビ」、⻁ノ門ヒルズ「⻁ノ門横丁」など。また、雑誌『BRUTUS』では「今日の糸井重里」「山下達郎のBrutusSongBook」「福岡の正解」など、年に数冊、企画立案から編集作業までを携わり、過去30冊以上の特集を担当。出身地の福岡でも事務所を構え、東京と福岡で2拠点で活動している。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【配信での参加につきまして】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です
・配信はリアルタイム配信のみでご視聴いただけます
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください

 

【書籍付きチケットのご案内】
・サイン入り書籍はイベント後の発送となります
・為書きはございません
・ご記入いただいた住所は、書籍発送以外の目的には使用しません
・書籍は、B&Bからの発送となります

 

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
 
 

イベントのご予約はこちらから!

 


 

  • 出演 _ 

    馬場正尊(建築家・株式会社OpenA代表/公共R不動産ディレクター)
    伊藤総研(伊藤総研株式会社代表)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00

  • 場所 _ 

    リアルタイム配信

  • 入場料 _ 

    ■配信参加 1,500yen(税別)
    ■配信参加+サイン入り書籍(『テンポラリーアーキテクチャー:仮設建築と社会実験』 1,500yen+2,300yen(税別)


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE