NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2018/01
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
2018/01 - 2018/02
M T W T F S S
22232425262728
2930311234
567891011
 
 

2017/10/08 Sun

白井弓子×河野真太郎
「女性の世界を開く鍵を探して」
『イワとニキの新婚旅行』(秋田書店)
『戦う姫、働く少女』(堀之内出版)刊行記念

PCBONITA_iwatoniki_cover_obiA_4CS4cover_fix

8月16日に白井弓子さんの新刊『イワとニキの新婚旅行』(秋田書店)が、7月20日に河野真太郎さんの新刊『戦う姫、働く少女』(堀之内出版)が発売されました。

『イワとニキの新婚旅行』は、当代随一のSFの描き手が放つ、読み切り連作集。一方、『戦う姫、働く少女』は、『逃げ恥』から『ナウシカ』まで。現代のポップカルチャーと現代社会を縦横無尽、クリアに論じる新しい文芸批評の一冊となっています。

白井弓子さんの作品には、女性の生き方が多く描かれており、河野さんの新刊『戦う姫、働く少女』にも、白井さんの『WOMBS(ウームズ)』が取り上げられています。

白井さんは、なぜ女性の生き方を描くのか。

それはどのような意味を持つのか。

お二人のトークで明らかにしていきます! お楽しみに!

【出演者プロフィール】
白井弓子(しらい・ゆみこ)
漫画家。1967年愛媛県松山市出身。京都市立芸術大学美術学部油画専攻卒業。コミティア等創作同人誌即売会を中心に漫画を発表。2007年に自費出版 の『天顕祭』で第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞を受賞。08年同作商業版をサンクチュアリ・パブリッシングより刊行。09年「月刊 IKKI」にて『WOMBS』を連載、後に描き下ろし形式に移行する。同作は10年の第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品となる。 完結後、2016年日本SF大賞を受賞。コミックスは他に『白井弓子初期短編集』(10年)、『ラフナス』(13~15年・第19回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門審査委員会推薦作品)『イワとニキの新婚旅行』(2017年)がある。個人ウェブサイト「弓工房」http://yumikoubou.com/ にはwebコミック、イラストレーション、Flashムービーなどが多数アップされている。大阪在住。

河野真太郎(こうの・しんたろう)
一橋大学大学院商学研究科准教授。1974年山口県生まれ。関心領域はイギリスの文化と社会。著書に『〈田舎と都会〉の系譜学』(ミネルヴァ書房、2013年)、共著に『文化と社会を読む 批評キーワード辞典』、(研究社、2013年)訳書にピーター・バーク『文化のハイブリディティ』(法政大学出版局、2012年)、共訳書にレイモンド・ウィリアムズ『共通文化に向けて―文化研究1』(みすず書房、2013年)など。


イベントのご予約はこちらから!


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    白井弓子(漫画家)
    河野真太郎(一橋大学大学院商学研究科准教授)

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE