NEWS

EVENT

CALENDAR

2017/12
M T W T F S S
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2018/01
M T W T F S S
1234567
891011121314
15161718192021
2018/01 - 2018/02
M T W T F S S
22232425262728
2930311234
567891011
 
 

2017/10/27 Fri

若菜晃子
「書を読んで、山に行こう」
『街と山のあいだ』
(アノニマ・スタジオ)刊行記念

767街と山のあいた__cov

「この地上で、自分が行ける場所、立てるピークは、人生のうちでごくごく限られている。だからこそ今の自分の居場所を客観的に眺め、自分の位置を常に確認し、自分の頭と目と足を信じて歩いていく。」
(『街と山のあいだ』P41本文より抜粋)


「そんなふうに見つけた自分だけのお気に入りの場所は、そっととっておくといい。いつかまた、地図を開き、あそこへ行こうと思える山があるのは、人生において幸運なことだ。」
(『街と山のあいだ』P77本文より抜粋)



「街と山のあいだ」がテーマの人気小冊子『mürren(ミューレン)』。本誌の編集・発行人であり、フリーの編集者、文筆家として活躍する若菜晃子さんによる初の随筆集『街と山のあいだ』がアノニマ・スタジオより刊行されました。

このたびの刊行を記念し、著者の若菜晃子さんをお迎えしてトークイベントを開催いたします。
本書の編集を担当されたアノニマ・スタジオの村上妃佐子さんを聞き手に、若菜さんが体験した山でのストーリーや、山の魅力、登山の道具や各地の山についてなどなど、写真をご覧いただきながら山にまつわるお話をたっぷりしていただきます。

また今回はお話のお供に、ビールに合う美味しいおつまみもお召し上がりいただけます。『mürren』のwebデザイナーであり、若菜さんと親交の深い、自家製酵母のパンと焼き菓子のお店を広島で営む「horta(オルタ)」さんにご用意いただきますので、どうぞお楽しみに。

若菜さんのお話を聞くと、澄んだ山の風が体の中に吹き抜け、街から山へ行きたくなるような気持ちになるでしょう。
読書の秋とも、登山の秋ともいえるいい季節にぴったりのイベントです。
山がお好きな方も、山に登ってみたいけれどもなかなか行けずにいる方も、ぜひお越しください。


【書籍情報】
『街と山のあいだ』
若菜晃子
定価 1,600円(税別)
四六変型判 上製 284ページ
装丁:櫻井事務所 絵:若菜晃子
編集:村上妃佐子

山と溪谷社の編集者を経て、フリーの編集者、文筆家、小冊子『mürren』編集・発行人として活躍する著者による初の随筆集。静けさの中に芯の通った強さがある文章で、よく登る山の話、忘れられない記憶や道具の話など、山の魅力をあますところなく綴る一冊。山を愛する人も山に憧れる人も、自然が近しくなる喜びを感じられます。巻末に、本文内に出てくる「山名一覧」(国内50山)付き。

若菜晃子(わかなあきこ)
1968年兵庫県神戸市生まれ。編集者。
学習院大学文学部国文学科卒業後、山と溪谷社入社。『wandel』編集長、『山と溪谷』副編集長を経て独立。山や自然、旅に関する雑誌、書籍を編集、執筆。
著書に『東京近郊ミニハイク』(小学館)、『東京周辺ヒルトップ散歩』(河出書房新社)、『東京甘味食堂』(本の雑誌社)など多数。「街と山のあいだ」をテーマにした小冊子『mürren』編集・発行人。

_MG_2470

イベントのご予約はこちらから!


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    若菜晃子
    村上妃佐子

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

  • 入場料 _ 

    2200yen(ワンドリンク、おつまみ付)


ARCHIVE