NEWS

EVENT

CALENDAR

2018/04 - 2018/05
M T W T F S S
23242526272829
30123456
78910111213
2018/05 - 2018/06
M T W T F S S
14151617181920
21222324252627
28293031123
2018/06
M T W T F S S
45678910
11121314151617
18192021222324
 
 

2018/02/21 Wed

新井高子×管啓次郎
「プロジェクトは、みんなのジェット!」
『東北おんば訳 石川啄木のうた』刊行記念

51bkv4OPxuL._SX347_BO1,204,203,200_
ほっこり、どっかり、声の力。

きっかけは、震災でした。日本現代詩歌文学館(岩手県北上市)の協力を得て、大船渡市の仮設住宅などを会場に、啄木短歌の土地言葉訳プロジェクトが立ち上がったのは、2014年秋のこと。
会場に集まる8割以上は、地元で「おんば」と呼ばれるご年配。海の匂いがするおばあちゃんたちとのタッグが始まりました。
そのことばは、単に方言では収まりきれません。限りなく自由な「声」の豊饒、響きのジェット! 夭折した啄木のうたが、津波も戦争も体験したおんばによって歌い直され、いきいきと再生したのです。
例えば、啄木の代表作「東海の小島の磯の白砂に/われ泣きぬれて/蟹とたはむる」は、

東海(ひんがす)の小島(こずま)の磯(えそ)の砂(すか)っぱで
おらァ 泣(な)ぎざぐって
蟹(がに)ど 戯(ざ)れっこしたぁ

『東北おんば訳 石川啄木のうた』は、いま、岩手沿岸部のベストセラーの一つ。町おこしにもなりそうな勢いです。
ゲストは、震災直後に『ろうそくの炎がささやく言葉』(勁草書房)を編集し、作家や詩人によるチャリティー活動をプロジェクト化した管啓次郎さん。当時の共同活動が、啄木訳を仕掛ける原点の一つになったと新井さんは言います。
人と人、東北と東京、震災と文芸……をつなぐ「プロジェクト」という行為。それを実践し、形にした二人による、体験と知が呼び合うトークへ、ようこそ!


イベントのご予約はこちらから!


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 
    新井高子(詩人、詩誌「ミて」編集人)
    管敬次郎(詩人、比較文学者)
  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE