EVENT

CALENDAR

2018/08
M T W T F S S
13141516171819
20212223242526
272829303112
2018/08 - 2018/09
M T W T F S S
3456789
10111213141516
17181920212223
2018/09 - 2018/10
M T W T F S S
24252627282930
1234567
891011121314
 
 

2018/03/29 Thu

木下斉×古田大輔×日野昌暢
「地方最強都市・福岡の勢いに学ぶ、これからのローカル都市活性の鍵とは?」
『福岡市が地方最強の都市になった理由』(PHP研究所)刊行記念

180220

2月18日に発売された、一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事・木下斉さんの新刊『福岡市が地方最強の都市になった理由』。

同書では、いま最も勢いのある都市として存在感を強める「福岡市」を<地方最強都市>とし、その原点となる戦略や、先人たちの挑戦を徹底的に取材して「福岡メソッド」として提言をしています。もともとは九州の中で北九州市や熊本市の後塵を排していた福岡市が、いまや「人」も「お金」も引き寄せる異彩の都市となった「都市競争力」に迫った一冊です。

この刊行を記念したイベントのゲストには、福岡市出身で、「ハードな調査報道」から「かわいい猫」まで、幅広いネットニュースを発信する『BuzzFeed JAPAN』創刊編集長の古田大輔さんを迎えます。

日本全国で地方活性施策は数多ある中、ダメなものはダメであるという姿勢を一貫し、未来の地方活性のために提言を紡ぎ出し続ける木下さんの姿勢と、世の不正や闇を明らかにしていく編集方針と取材力とで生み出す、嘘のない記事が世の評価を集めるBuzzFeed JAPANの古田さんの姿勢は、共通するものがあるのではないでしょうか。

地方創生が一大ムーブメントとなってから早4年。ゆるキャラや面白動画やB級グルメの喧騒もひと段落し、より本質的な地方活性策を各都市が模索する中、一人勝ちする福岡の勢いの秘密は、過去の「常識破り」にあったという木下さんの視点を元に、未来の地方活性を熱く語っていただきます。

司会進行は、古田さんと同じく福岡市出身で、「#FUKUOKA(福岡市)」や「絶メシリスト(高崎市)」などの地方活性プロモーションをプロデュースする、博報堂ケトルの日野昌暢が務めます。

「地方創生」「ローカルメディア」「町おこし」「地域プロモーション」などのキーワードに興味がある方、そして「福岡愛が強すぎる方」など、ぜひご参加ください!

※ご希望の方には終演後、サインをいただけます

【出演者プロフィール】
2018_バストアップ4
木下斉(きのした・ひとし)
1982年東京都生まれ。一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事のほかに、内閣官房 地域活性化伝道師などを担う。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。高校1年時より商店街活性化事業に携わったのをキッカケに全国各地でまち再生事業会社の設立、経営に携わる。主な著書は、『地方創生大全』(東洋経済新報社)、「稼ぐまちが地方を変える〜誰も言わなかった10の鉄則〜」(NHK出版)。

Daisuke-Furuta-JTsuboike
古田大輔(ふるた・だいすけ)
1977年生まれ、福岡県出身。2001年早稲田大学政治経済学部卒、2002年朝日新聞社入社。京都総局、豊岡支局、社会部、アジア総局(バンコク)、シンガポール支局長、デジタル版の編集などを経て、2015年10月16日にBuzzFeed Japanによる新メディアの創刊編集長に就任。
https://www.buzzfeed.com/jp

hino
日野昌暢(ひの・まさのぶ)
1975年生まれ、福岡県出身。2000年 九州芸術工科大学 大学院芸術工学府修了、博報堂に入社。14年間の営業職を経て2014年に博報堂ケトルにプロデューサーとして加入。受賞歴に、カンヌライオンズ ブロンズ、ADFEST金賞、クリオ賞 ブロンズ、イノベーティブアプローチ電通賞、消費者のためになった広告コンクール金賞など。福岡市と運営するニュースサイト「#FUKUOKA」や、高崎市と運営するウェブマガジン「絶メシリスト高崎」をプロデュース。


イベントのご予約はこちらから!


※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    木下斉(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)
    古田大輔(『BuzzFeed JAPAN』創刊編集長)
    日野昌暢(博報堂ケトル プロデューサー)

  • 時間 _ 

    19:00~21:00 (18:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    1500yen + 1 drink order


ARCHIVE