EVENT

CALENDAR

2018/12
M T W T F S S
17181920212223
24252627282930
31123456
2018/12 - 2019/01
M T W T F S S
78910111213
14151617181920
21222324252627
2019/01 - 2019/02
M T W T F S S
28293031123
45678910
11121314151617
 
 

2018/06/18 Mon

阿久津隆×保坂和志
「読書の歓び、日記のたのしみ」
『読書の日記』(NUMABOOKS)刊行記念

dokushononikki_cover_w500

東京・初台の「本の読める店」〈fuzkue(フヅクエ)〉店主である、阿久津隆さんの初めての単著『読書の日記』が刊行されました。店のオフィシャルサイト上で現在も続く阿久津さんの「読書日記」を1年、365日分をまとめたものです。

このたび、本書の刊行記念として阿久津隆さんを招き、本を読むということ、日記を書くということ、fuzkueというお店についてなど、ざっくばらんにお話しいただきます。

お相手には、阿久津さんが最も敬愛する作家であり、本書にもたびたび登場する保坂和志さんをお招きします。

本書に「ランボーのアフリカでの日々を思わせる、これはそういう文章で、私の気持ちを掻き立てずにはいない」との賛辞を寄せられ、「『ぜひ会いたい!』とも思うし、『会わなくてここにある文章でじゅうぶん』とも思う」と書かれている保坂さんは阿久津さんのこの膨大な読書日記をどのように読まれたのか。そして、保坂さん自身の読書観、日記観についてもお話しいただきます。

聞き手は「本屋B&B」の共同経営者であり、「NUMABOOKS」として本書の出版と編集を手がけた、内沼晋太郎がつとめます。本書は、この会場にて先行発売となります。阿久津さんの日記のファンの方も、初めての方も、ぜひ読書の歓びを、日記のたのしみを感じにいらしてください。

【出演者プロフィール】
阿久津隆(あくつ・たかし)
1985年、栃木県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、金融機関に入社。3年間営業として働いた後、2011年に岡山にて「cafe moyau」を立ち上げ、店主として仕事を行う。2014年10月、東京・初台に「fuzkue」をオープン。好きなものは読書、映画、野球、コーヒー、ヒップホップ。本書が初の単著となる。

保坂和志(ほさか・かずし)
小説家。1990年『プレーンソング』でデビュー。93年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年『この人の閾』で芥川賞、97年 『季節の記憶』で谷崎賞、平林たい子文学賞、2013年『未明の闘争』で野間文芸賞を受賞。その他の著書に『カンバセーション・ピース』『書きあぐねている人のための小説入門』『小説の自由』『カフカ式練習帳』『地鳴き、小鳥みたいな』など多数。2018年、「こことよそ」で川端康成賞を受賞。

イベントのご予約はこちらから!
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    阿久津隆
    保坂和志

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE