EVENT

CALENDAR

2018/11 - 2018/12
M T W T F S S
12131415161718
19202122232425
262728293012
2018/12
M T W T F S S
3456789
10111213141516
17181920212223
2018/12 - 2019/01
M T W T F S S
24252627282930
31123456
78910111213
 
 

2018/12/09 Sun

高口康太×安田峰俊×山谷剛史
「B級中国 vs. S級中国 怪しい巨大な隣人を丸裸にする」

「楽しみすぎる。圧倒的先進国、中国。ここから学ばないと次の時代は生き残れないだろう」

こちらは今年(2018年)10月8日、オリエンタルラジオの中田敦彦さんがNewsPicksのアリババ関連の記事に寄せたコメントです。

圧倒的先進国かはさておき、中国は「スゴい」。昨今、日本の現役社会人世代の間では、いつの間にかそんな評価が市民権を得ています。中国発のイノベーションがもてはやされ、なんと今年の夏にはオシャレ雑誌の『Pen』が中国(深セン)特集を組んだほど。

つい5年ほど前まで、ニセモノ商品の氾濫や食品安全問題を揶揄するような「危ない中国」特集が毎週のように週刊誌やワイドショーで取り上げられ、書店では中国経済崩壊論の書籍が大ブームだったのが、ウソみたいな変わりぶりです。

だが、世間でなにかが流行ると、極端な話が出てくるのもいつものこと。実際のところ中国の正体は、「危ない中国」もといトホホで意識の低いB級中国と、「圧倒的先進国」感が漂わなくもないスゴいS級中国のごった混ぜ。日本の隣にそびえる謎の巨人は、怪しい魅力に満ちたリアルサイバーパンクな国なのです。

今年4月に開催して人気を博したイベント「中国B級ニュースはなぜ死んだのか?」の続編として、ジャーナリストで翻訳家の高口康太さん、ルポライターの安田峰俊さん、アジアITライターの山谷剛史さんの中国ライター3人に、神田桂一さんを司会に迎えトークライブをお送りします!

※ツイッターハッシュタグ
#B級中国

【出演者プロフィール】
高口康太(たかぐち・こうた)
ジャーナリスト、翻訳家。1976年生まれ。二度の中国留学を経て、中国の経済、社会、文化を専門とするジャーナリストに。雑誌、ウェブメディアに多数の記事を寄稿している。著書に『なぜ、習近平は激怒したのか――人気漫画家が亡命した理由』『現代中国経営者列伝』。

安田峰俊(やすだ・みねとし)
ルポライター、立命館大学人文科学研究所客員研究員。1982年滋賀県生まれ。今年は深センのネトゲ廃人村やカナダの反日グランドマスターを追いかけた『さいはての中国』(小学館新書)、六四天安門事件の経験者に取材したハードルポ『八九六四』(KADOKAWA)を刊行。他の著書に『和僑』『境界の民』(KADOKAWA)、編訳書に『「暗黒・中国」からの脱出』(文春新書)など。

山谷剛史(やまや・たけし)
フリーランスライター。2002年より中国雲南省昆明市を拠点に活動。中国、インド、アセアンのITや消費トレンドをIT系メディア・経済系メディア・トレンド誌などに執筆。メディア出演、講演も行う。著書に『中国のインターネット史 ワールドワイドウェブからの独立』『新しい中国人 ネットで団結する若者たち』など。

イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    高口康太(ジャーナリスト・翻訳家)
    安田峰俊(ルポライター)
    山谷剛史(フリーランスライター)

  • 時間 _ 

    15:00~17:00 (14:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink


ARCHIVE