EVENT

CALENDAR

2019/03
M T W T F S S
18192021222324
25262728293031
1234567
2019/04
M T W T F S S
891011121314
15161718192021
22232425262728
2019/05 - 2019/06
M T W T F S S
20212223242526
272829303112
3456789
2019/06
M T W T F S S
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 
 

2019/03/28 Thu

杉田協士×枡野浩一×トナカイ×金子岳憲
 「『ひとつの歌』から『ひかりの歌』へ」
映画『ひかりの歌』下高井戸シネマ公開記念

3月30日(土)より下高井戸シネマにて1週間上映される『ひかりの歌』。
都内3館目での公開を記念して、杉田協士監督、歌人の枡野浩一さん、会社員のトナカイさん、俳優の金子岳憲さんをお迎えしてのトークイベントを実施します。
 
杉田監督の長編第1作『ひとつの歌』(2011)の出演者であり、第2作『ひかりの歌』の元になった「光の短歌コンテスト」の選者でもある歌人の枡野浩一さんを追ったドキュメンタリー映画『くじけないで手紙を書いた』(監督:杉田協士 撮影:飯岡幸子 出演:枡野浩一、おかざき真里、金子岳憲/35分)の上映も予定しています。
 
ツイッターでの『ひかりの歌』についての感想ツイートが多くの方に広まったトナカイさん、こちらの3作品すべてに出演している金子岳憲さんも交えてのトークイベント、どうぞおたのしみに。
 
【出演者プロフィール】

杉田協士(すぎた・きょうし)

1977年、東京生まれ。映画監督。他に写真や小説も手がける。2011年、映画『ひとつの歌』が第24回東京国際映画祭にて上映され、2012年に劇場公開。歌人の枡野浩一氏との共著になる写真短歌集『歌 ロングロングショートソングロング』(雷鳥社)が2012年に出版。小説『河の恋人』、『ひとつの歌』がそれぞれ2014年、2015年の文芸誌「すばる」(集英社)に掲載。演劇との関わりもつよく、『金子の半生』(ハイバイ、2010年)、『浴槽船』(FUKAIPRODUCE羽衣、2012年)、『洪水』(2012年、指輪ホテル)などの映像作品がある。今作『ひかりの歌』は第30回東京国際映画祭、第19回全州国際映画祭にて上映され、2019年1月より劇場公開中。
 
枡野浩一(ますの・こういち)
1968年、東京生まれ。歌人。阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。1997年、オカザキマリ(おかざき真里)の絵と組んだ短歌絵本『てのりくじら』『ドレミふぁんくしょんドロップ』(実業之日本社)を2冊同時刊行。短歌小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット、小手川ゆあの手がけた漫画版は翻訳されアジア各国で出版されている。加藤千恵、佐藤真由美のデビュー歌集をそれぞれ企画・監修したほか、N H K・Eテレで映像化された石川啄木伝『石川くん』(集英社文庫)など、短歌の出てくる本を40冊以上商業出版している。2017年、歌人デビュー20周年を記念して全20首のTシャツ歌集をリリース。近著はイラストレーター目黒雅也と組んだ童話『しらとりくんはてんこうせい』(あかね書房)。
 
金子岳憲(かねこ・たけのり)
神奈川県出身。大学卒業後、蜷川幸雄に師事する。その後、ハイバイ、サンプル、城山羊の会、五反田団など気鋭の演出家の舞台に多数出演。近年では映像作品でも活躍しており岡太地監督『川越街道』では主演を務めたほか、山内ケンジ監督『友だちのパパが好き』、深田晃司監督『鳥(仮)』、野尻克己監督『鈴木家の嘘』などにも出演している。2019年2月からは木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」に出演し、京都・豊橋・横浜を巡った。
 
トナカイ
会社員。

イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    杉田協士(映画監督)
    枡野浩一(歌人)
    トナカイ(会社員)
    金子岳憲(俳優)

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE