B&B

EVENT

CALENDAR

2021/01 - 2021/02
M T W T F S S
25262728293031
1234567
891011121314
2021/02 - 2021/03
M T W T F S S
15161718192021
22232425262728
1234567
 
 

2020/09/30 Wed

戸田山和久×谷村省吾
「自由意志の哲学ぅ?オレが求めている自由はそんなんじゃねえ!」
『自由の余地』(名古屋大学出版会)刊行記念

996-2
 

12/12追記:

対談時のチャットとQ&Aにお答えいただきました!
『一物理学者とのチャット―戸田山和久×谷村省吾対談の視聴者から寄せられた質問・コメントに対する主に谷村による回答』

こちらからダウンロードしていただけます。

 

アーカイブ配信販売中
アーカイブ視聴可能期間は、12月31日までです。またアーカイブ動画をご購入の方には、イベントで使用した谷村さんお手製のスケッチブックのPDFデータ(充実の72ページ!)もダウンロードしていただけます。※11月30日以前にご購入いただいた方も引き続きご視聴いただけます。

 

ご購入はこちらから!

 

また書籍につきましては名古屋大学出版会のHPより直接ご購入いただけます。
詳細はリンクよりご確認ください。

 
__________________________________________________

日本でも人気の哲学者、ダニエル・C・デネット。この夏に刊行された『自由の余地』は、彼が1984年に発表したElbow Roomの翻訳です。古来より哲学者たちが論争を繰り広げてきた「自由意志」という一大テーマに、ちょっと変わった戦略でアプローチするユニークな著作ですが、出版から36年もたって、なぜ(いまさら)邦訳されたのでしょうか。

 

デネットの著書のなかでも、この本が「いちばん好き」で「いちばん重要」だと語る、訳者の戸田山和久さん。デネット独特の哲学観や立場、その方法について、ご自身の著作や、翻訳にまつわるエピソードも交えながらお話しいただきます。

 

対談相手には、哲学者にカミナリを落とした頭のカタい(?)物理学者の谷村省吾さんをお招きし、デネット/戸田山の議論を舌鋒鋭く切りさばいていただきます。読んでみたけど、哲学者のこういう議論がよくわからない。そもそも哲学者はいったい何を目指して哲学をやっているの?

 

9月になってもまだまだ暑い名古屋からお届けする、哲学者×物理学者の「自由」をめぐる正面対決! デネットを読んだことがある人も、まだ読んでいない人も、ぜひふるってご参加ください。

 
 

――自由とは何だろうね? キミはホントウに自由だと思うかい?

――オレがしようと思うことは、他人には決められない、誰も強制できない、オレだけがオレのすることを決められるってことさ。もちろんオレは自由だよ!

――あんた、甘い、甘い、シロノワールより甘いよ。この世界には自然法則ってのがあって、これから起こることは決まっているんだ、変えられないの。キミが「自分で決めた」って思っているその思考すら自然のなりゆきとしてあらかじめ決まっていたことなんだ。

――じゃあ何だよ、オレが今日の昼飯はカレーにしよっかな、ラーメンにしよっかなって迷って、スガキヤに入ると見せかけて、やっぱカレーにしよって気が変わって、ターンしてココイチに入ることも自然の既定路線ってことかよ?

――そゆこと。

――そんなの嫌だ!

――まあまあ落ち着きたまえ、決定論的世界にあっても自由はちゃんとあるんだ。ふっふっふっ……知りたいでしょ?

――……このヒゲモジャ、オレをダマそうとしてねえか……

 
 

(著者プロフィール)
ダニエル・C・デネット(Daniel C. Dennett)
1942年生まれ。現代英語圏を代表する哲学者の一人。タフツ大学名誉特任教授・同大学認知科学研究センター所長。著書多数。最近ではIntuition Pumps and Other Tools for Thinking, 2013(邦題『思考の技法』、青土社)、From Bacteria to Bach and Back: The Evolution of Minds, 2017(邦題『心の進化を解明する』、青土社)など。

 

【出演者プロフィール】
戸田山和久(とだやま・かずひさ)
1958年生まれ。哲学者。名古屋大学大学院情報学研究科教授。専門は科学哲学など。著訳書多数。『論理学をつくる』(名古屋大学出版会)、『新版 論文の教室』(NHK出版)、『科学技術をよく考える』(共編、名古屋大学出版会)、『哲学入門』(筑摩書房)、『科学的実在論を擁護する』(名古屋大学出版会)、『〈概念工学〉宣言!』(共編、名古屋大学出版会)、『教養の書』(筑摩書房)など。

 

谷村省吾(たにむら・しょうご)
1967年生まれ。物理学者。名古屋大学大学院情報学研究科教授。専門は量子論など。著書、『ゼロから学ぶ数学・物理の方程式』(講談社)、『トポロジー・圏論・微分幾何』(サイエンス社)、『幾何学から物理学へ』(サイエンス社)、『〈現在〉という謎』(共著、勁草書房)。その他に、「一物理学者が観た哲学」(通称、谷村ノート)*、「哲学者に雷を落とした物理学者・谷村省吾氏に聞く:意識の謎について」**などがウェブ上で公開されている。

 
 
______________________________________

 

【配信での参加につきまして】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします。
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です。
・配信はリアルタイムのみでご視聴いただけます。録画での視聴はできませんのでご注意ください。
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください。
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください。

 

【書籍付き配信での参加につきまして】
・書籍の発送は国内に在住の方のみご利用いただけます。海外への発送は承っておりませんのでご注意ください。
・イベントによって商品の発送が開催後になることもございますので、ご注意ください。

 

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください。

 
______________________________________

 

イベントのご予約はこちらから!
名古屋大学在学生は特別割引にてこちらからご参加いただけます!

 

※ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください

  • 出演 _ 

    戸田山和久
    谷村省吾

  • 時間 _ 

    20:00~22:00

  • 場所 _ 

    オンライン開催

  • 入場料 _ 

    ■配信参加:1500円
    ■書籍つき配信参加:1500円+『自由の余地』4,500円
    ■名古屋大学生割引配信参加:500円
    (上記いずれも税別)


ARCHIVE

本屋

GET EVENTS INFO.


※メールアドレス入力後、エンターキー・改行ボタンを押すと完了します。

INSTAGRAM

PEOPLE

ARCHIVE