こちらを表示中:

滝口悠生×高山羽根子
「歴史から小説を掘り起す」
『水平線』(新潮社)刊行記念

滝口悠生×高山羽根子
「歴史から小説を掘り起す」
『水平線』(新潮社)刊行記念

  • リアルタイム配信
  • 現地参加
  • アーカイブ配信  :  2022-09-23 ~ 2022-10-23

※本イベントはご来店またはリアルタイム配信と、見逃し視聴(1ヶ月)でご参加いただけるイベントです。
詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

イベントのご予約はこちらから!

この8月に滝口悠生さんの新刊『水平線』が発売されました。

同書の舞台は、太平洋戦争の激戦地として知られる硫黄島。その悲惨な戦いはイーストウッドの映画などでも知られています。戦後はアメリカ軍が占領を続け、日本に返還された後も、自衛隊が基地を置き、関係者以外の立ち入りは禁止されています。この島が激戦地となる前は、千人ほどの人々が暮らす平和な土地だったことは、案外知られていません。本作では、戦争の激化によって全島疎開が行われる前の島が描かれます。そこには人々の暮らしがあり、語らいがあり、恋がありました。滝口さんご自身のルーツもまた硫黄島にあります。祖父母の世代がこの島の出身で、その歴史を調べる中でこの小説を構想したそうです。

『水平線』では、硫黄島に生きていた人々と、その子孫であり2020年の東京に生きる兄妹の間に言葉が行き交います。普通では考えられない設定ですが、時間の流れに対するオリジナルな描写とリアリティの積み重ねで、いつしか自然に作品世界に入り込んでしまうでしょう。今年を代表する文芸作品の一つです。

この本の刊行を記念して、トークイベントを開催します。
出演は著者の滝口悠生さん、ゲストに作家の高山羽根子さんをお迎えします。

高山さんの芥川賞受賞作『首里の馬』の主人公は沖縄の資料館に働く女性。沖縄の歴史に関する資料を整理する仕事の傍ら、オンライン通話でクイズを出題し、世界中の人々とやり取りをしています。ある台風の夜、彼女の前に一頭の馬が現れ――というストーリー。沖縄の歴史の中には、戦争の記憶も含まれます。

滝口さんは今年、大学で受け持っている授業の中で、高山さんの作品を取り上げ学生たちと丹念に読んできたそうです。今回のイベントはその縁で実現しました。歴史の中から物語を紡いできた二人の作家によるトークにご期待ください。

【出演者プロフィール】
滝口悠生(たきぐち・ゆうしょう)
1982年、東京都八丈島生まれ。埼玉県で育つ。2011年、「楽器」で第43回新潮新人賞を受賞し、デビュー。2015年、『愛と人生』で第37回野間文芸新人賞を受賞。2016年、「死んでいない者」で第154回芥川龍之介賞を受賞。他の著作に『寝相』『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』『茄子の輝き』『高架線』『やがて忘れる過程の途中(アイオワ日記)』『長い一日』『往復書簡 ひとりになること 花をおくるよ』(植本一子氏との共著)など。

高山羽根子(たかやま・はねこ)
1975年、富山県生まれ。2009年、「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞佳作、2016年、「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞を受賞。2020年、「首里の馬」で第163回芥川龍之介賞を受賞。他の著作に『オブジェクタム』『居た場所』『カム・ギャザー・ラウンド・ピープル』『如何様』『暗闇にレンズ』『旅書簡集 ゆきあってしあさって』(酉島伝法氏、倉田タカシ氏との共著)などがある。

____________________________________________________________________________

【配信参加について】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからご視聴いただけます
・イベント中、お客様の顔や音声などは配信されませんのでご安心ください
・リアルタイム配信と見逃し視聴でお楽しみいただけます。見逃し視聴につきましては、準備が出来次第、Peatixのメッセージ機能よりご案内いたします
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合は、ご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください

【来店参加について】
・最大100名まで入る会場を貸切とした上で、参加人数を絞り、ゆとりを持って設営しております
・係員及びスタッフの指示・注意に従ってください。万が一、指示に従っていただけない場合、イベントの中断・中止や、特定のお客様にご参加をお断りする場合がございます
・来店での参加の際にはマスクの着用をお願いしております
・店頭にアルコール消毒液をご用意しておりますので、ご入店の際は、手指の消毒にご協力お願いいたします
・非接触型体温計による検温を実施いたします。37.5℃を上回った場合は、イベントへの参加をお控えください
・来店チケットをご購入された方も、配信でご覧いただけます。当日体調などに不安がある方は配信視聴をご利用ください。配信でのご視聴につきましては、【配信での参加について】をご確認ください

【書籍付きチケットについて】
・滝口さんのサイン入り『水平線』を、イベント配信チケットとセットで販売いたします
・ご記入いただいた住所は、書籍発送以外の目的には使用いたしません
・お客様のお名前を入れる「為書き」はございません。ご了承ください
・商品到着までお時間をいただく場合がございます。また発送は、本屋B&Bよりお送りさせていただきます
・長期不在・住所不明等により書籍が返送された場合、保管期間内であれば、着払いにて発送させていただきます。保管期間は、イベント開催日から3ヶ月といたします
・海外発送は行っておりません

【キャンセルについて】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

____________________________________________________________________________

【本イベントに関するお問い合わせ】
イベントに関するお問い合わせはこちらをご確認ください
知りたい回答が見つからない、解決しない場合など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

<お問い合わせ先>
event (at) bookandbeer.com ※(at)を@に変換して送信してください

____________________________________________________________________________

イベントのご予約はこちらから!

出演者滝口悠生
高山羽根子

出版社新潮社

開催日時20:00~22:00 (19:30開場)

開催場所本屋B&B 世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F +オンライン配信

入場料【来店参加(20名限定・1ドリンク付き)】2,750円(税込)
【配信参加】1,650円(税込)
【書籍つき配信参加】1,650円+サイン入り書籍『水平線』2,750円(いずれも税込)+送料520円 ※イベント後発送
【書籍つき配信参加】1,650円+サインなし書籍『水平線』2,750円(いずれも税込)+送料520円 ※イベント後発送