EVENT

CALENDAR

2018/12
M T W T F S S
17181920212223
24252627282930
31123456
2018/12 - 2019/01
M T W T F S S
78910111213
14151617181920
21222324252627
2019/01 - 2019/02
M T W T F S S
28293031123
45678910
11121314151617
 
 

2018/12/14 Fri

真鍋弘樹×上岡伸雄
「漂流する民主主義
アメリカと日本、セカイの現場から考える」
『ルポ 漂流する民主主義』(集英社新書)、『世界が見たニッポンの政治』(文芸社)刊行記念

0946b  01b

8月に『ルポ 漂流する民主主義』を上梓した真鍋弘樹さんと、10月に共著『世界が見たニッポンの政治』が発売を迎えた上岡伸雄さん。朝日新聞の前ニューヨーク支局長とアメリカ文学研究者、というお二人でお届けする今回のトークでは、その共通項である「アメリカ」に加え、2冊の本がともに大きなテーマとして掲げる「民主主義」を考えます。
オバマからトランプへ。真鍋さんがニューヨーク支局長だったあいだに、アメリカ社会はまさに激動のときを迎えました。他方、9.11以降、アメリカ文学の動向を注視し続けてきた上岡さんは今、なし崩し的に進んでいく日本政治の右傾化と、暴走ともいえる政権のあり方を憂いています。
アメリカと日本、ふたつの国にまたがった問題の底流には、有権者の無関心やポピュリズムといった、一見すると異なるようで、実はともに民主主義が生じた機能不全が横たわっています。
お二人の専門であるジャーナリズムと文学の話はもちろん、そこから見える「混迷の時代」が向かう先を存分に語り合っていただきます。


真鍋弘樹(まなべ ひろき)
1965年生まれ。朝日新聞編集委員。前ニューヨーク支局長。一橋大学社会学部卒業後、同紙に入社。東京本社社会部、那覇支局、ニューヨーク支局等で報道に携わった後、論説委員、社会部次長。これまで同紙で、「愛国を歩く」「地球異変」「ロストジェネレーション」「孤族の国」等の連載記事を担当した。著書に『ルポ 漂流する民主主義』(集英社新書)の他、『3・11から考える「家族」』(岩波書店)、『花を 若年性アルツハイマー病と生きる夫婦の記録』(朝日新聞社)など。

上岡伸雄(かみおか のぶお)
1958年生まれ。翻訳家、アメリカ文学研究者。学習院大学文学部英語英米文化学科教授。東京大学大学院修士課程修了。1998年アメリカ学会清水博賞受賞。フィリップ・ロス、ドン・デリーロなど現代アメリカを代表する作家の翻訳を手がけている。著書に『テロと文学 9.11後のアメリカと世界』、『ニューヨークを読む』、訳書に『リンカーンとさまよえる霊魂たち』、『ワインズバーグ、オハイオ』、共著に『世界が見たニッポンの政治』など。


イベントのご予約はこちらから!

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

  • 出演 _ 

    真鍋弘樹
    上岡伸雄

  • 時間 _ 

    20:00~22:00 (19:30開場)

  • 場所 _ 

    本屋B&B
    東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

  • 入場料 _ 

    ■前売1,500yen + 1 drink order
    ■当日店頭2,000yen + 1 drink order


ARCHIVE