こちらを表示中:

大谷弘×池田喬
「ウィトゲンシュタイン vs. ハイデガー
“20世紀最大の哲学書”を読む」
『入門講義 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』』
(筑摩選書)刊行記念

大谷弘×池田喬
「ウィトゲンシュタイン vs. ハイデガー
“20世紀最大の哲学書”を読む」
『入門講義 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』』
(筑摩選書)刊行記念

  • リアルタイム配信
  • 現地参加
  • アーカイブ配信  :  2023-01-22 ~ 2023-02-22

※本イベントはご来店またはリアルタイム配信と見逃し視聴(1ヶ月)でご参加いただけるイベントです。詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

イベントのご予約はこちらから!

“20世紀最大の哲学書”として、 誰もが取り上げる二冊の本があります。一つはルートウィヒ・ ウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』(1921年)、 もう一つがマルティン・ハイデガーの『存在と時間』(1927年)です。
『論理哲学論考』は、「語りえぬものについては、 沈黙せねばならない」という有名なフレーズで知られ、 現代哲学の方向性を決定づけた一冊といわれ、 現在に至るまで多くの読者を魅了し、 数多の研究者が同書の読解に取り組んでいきました。

大谷弘さんの新刊『入門講義 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』』(筑摩選書)は、 難解に枝分かれする『論考』の議論を丁寧に読み解くとともに、 世界的な解釈論争にも分け入り、後期哲学への連続性も視野に、 ウィトゲンシュタインの思考を生き生きと描き出す、 刺激的な一冊です。

本書の刊行を記念した今回のイベントでは、もうひとつの” 20世紀最大の哲学書”、ハイデガー『存在と時間』 研究のフロントランナーである池田喬さんをお迎えして、 大谷さんの新著のポイントを押さえつつ、 それぞれウィトゲンシュタインとハイデガーの研究者であるお二人 に、”20世紀最大の哲学書”の読み方について、 熱い議論を交わしていただきます。

『論理哲学論考』と『存在と時間』は、 それぞれいかなる背景のもとで書かれたどんな書物なのでしょうか 。難しい哲学書は、どうすれば読めるようになるのでしょうか。 そして、いまこれらの古典を読むことにはどんな意味があり、 ウィトゲンシュタインやハイデガーの哲学は、 現代を生きる私たちにどんなヒントを与えてくれるのでしょうか。

ウィトゲンシュタインやハイデガーを読んだことがないという人も 大丈夫。”20世紀最大の哲学書”の魅力について、 ゼロからわかりやすく語っていただきます。もちろん、 参加者からの質問も大歓迎です。

【出演者プロフィール】
大谷弘(おおたに・ひろし)
1979年、京都府生まれ。東京大学文学部卒業、同大大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。東京女子大学准教授。専門は西洋哲学。著書に『入門講義 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』』(筑摩選書)、『ウィトゲンシュタイン 明確化の哲学』(青土社)、共編著に『「常識」によって新たな世界は切り拓けるか―コモン・センスの哲学と思想史』(晃洋書房)、『因果・動物・所有―一ノ瀬哲学をめぐる対話』(武蔵野大学出版会)など。共訳書に『ウィトゲンシュタインの講義 数学の基礎篇 ケンブリッジ1939年』(講談社学術文庫)がある。

池田喬(いけだ・たかし)
1977年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業、同大大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。明治大学教授。ハイデガー『存在と時間』の読解を出発点に、「知覚」「行為」「自己」などの観点から、現象学を中心とした現代哲学・倫理学を研究する。著書に『ハイデガー 存在と行為――『存在と時間』の解釈と展開』(創文社→講談社)、『ハイデガー 『存在と時間』を解き明かす』(NHKブックス)、共編著に『生きることに責任はあるのか――現象学的倫理学への試み』(弘前大学出版会)、『始まりのハイデガー』(晃洋書房)、『映画で考える生命環境倫理学』(勁草書房)、共著に『差別の哲学入門』(アルパカ)、『フェミニスト現象学入門』(ナカニシヤ出版)などがある。

______________________________________

【配信参加について】
・開演時間の30分前よりオンライン開場いたします
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからご視聴いただけます
・イベント中、お客様の顔や音声などは配信されませんのでご安心ください
・リアルタイム配信と見逃し視聴(一部イベントを除く)でお楽しみいただけます。見逃し視聴につきましては、準備が出来次第、Peatixのメッセージ機能よりご案内いたします
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合は、ご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください

【来店参加について】
・開演時間の30分前より開場/受付開始いたします
・最大100名まで入る会場を貸切とした上で、参加人数を絞り、ゆとりを持って設営しております
・係員及びスタッフの指示・注意に従ってください。万が一、指示に従っていただけない場合、イベントの中断・中止や、特定のお客様にご参加をお断りする場合がございます
・来店での参加の際にはマスクの着用をお願いしております
・店頭にアルコール消毒液をご用意しておりますので、ご入店の際は、手指の消毒にご協力お願いいたします
・非接触型体温計による検温を実施いたします。37.5℃を上回った場合は、イベントへの参加をお控えください
・来店チケットをご購入された方も、配信でご覧いただけます。当日体調などに不安がある方は配信視聴をご利用ください。配信でのご視聴につきましては、【配信参加について】をご確認ください
・車椅子やベビーカーでお越しの方は、当日スムーズにご案内するため、店舗スタッフにお声掛けいただくか、お手数ですが事前にご利用の旨をお知らせの上ご予約下さい。 なお会場はエレベーター備え付けの建物ですので、安心してお越しください
・イベントご来場にあたりご不明な点がございましたら、下記の<お問い合わせ先>までお気軽にご連絡ください

【書籍付きチケットについて】
・イベント関連書籍を、イベント配信チケットとセットで販売いたします
・ご記入いただいた住所は、書籍発送以外の目的には使用いたしません
・お客様のお名前を入れる「為書き」はございません。ご了承ください
・商品到着までお時間をいただく場合がございます。また発送は、本屋B&Bよりお送りさせていただきます
・長期不在・住所不明等により書籍が返送された場合、保管期間内であれば、着払いにて発送させていただきます。保管期間は、イベント開催日から3ヶ月といたします
・海外発送は行っておりません

【キャンセルについて】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

______________________________________

【本イベントに関するお問い合わせ】
イベントに関するお問い合わせはこちらをご確認ください
知りたい回答が見つからない、解決しない場合など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

<お問い合わせ先>
event (at) bookandbeer.com
 ※(at)を@に変換して送信してください

______________________________________

イベントのご予約はこちらから!

出演者大谷弘
池田喬

出版社筑摩選書

開催日時19:00~21:00 (18:30オンライン開場)

開催場所本屋B&B
世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F
+オンライン配信

入場料【来店参加(数量限定・1ドリンク付き)】2,750円(税込)
【配信参加】1,650円(税込)
【サイン入り書籍つき配信参加】1,650円+書籍『入門講義 ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』』1,980円(いずれも税込)※イベント後発送