こちらを表示中:

me and you×武田砂鉄
「長い話をしよう〜新しいメディア・コミュニティをどうつくる?〜」

me and you×武田砂鉄
「長い話をしよう〜新しいメディア・コミュニティをどうつくる?〜」

  • リアルタイム配信
  • 現地参加

※本イベントは来店と配信(リアルタイム+アーカイブ)でご参加いただけるイベントです。
詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

個人と個人の対話を出発点に、遠くの誰かにまで想像や語りを広げていくための活動を行う「me and you」の新メディア・コミュニティの立ち上げに際して、me and youの野村由芽さん・竹中万季さん、司会として武田砂鉄さんをお招きしてお話するトークイベントを開催します。

2017年に「自分らしく生きる女性を祝福するライフ&カルチャーコミュニティ“She is”」を株式会社CINRA在職時に立ち上げ、さまざまな女性の生き方について考える場をつくってきた野村由芽さん・竹中万季さんの二人が、2021年4月に独立し新たに立ち上げた会社、me and you。この社会のなかで生きづらさを抱えている一人ひとりの「わたし」と「あなた」と手を取り合いながら、個人を尊重し、社会構造に目を向ける新たなメディア・コミュニティを立ち上げるべく、現在クラウドファンディングを行っています。

https://motion-gallery.net/projects/meandyou

She isを運営してたCINRA時代から、武田さんいわく「3年に2回くらい」の頻度でお会いしてきたme and youの二人。今回は「新しいメディア・コミュニティをどのようにつくっていくのか?」について、武田さんに気になるポイントを質問いただきながら、この場でさらに構想を深めていく企画会議のようなトークにしたいと思っています。

武田砂鉄さんは、著書『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』では凝り固まった価値観に言葉でゆさぶりをかけ、『わかりやすさの罪』では「すぐにわかる」ことを疑い、「私たちはいつだってどっちでもないはず」と語り、『マチズモを削り取れ』では世の中の「ありふれた」風景に潜むマチズモの実態を調査し、誰のなかにも存在する過ちを自らかえりみて、考えるきっかけを促しています。

「ああかもしれない、こうかもしれない」とすぐに結論を出さずに考え続ける行為は、速度がめまぐるしい現代において、簡単にできることではないかもしれません。だからこそme and youでは、個人的な違和感や大切にしたいものをなかったことにせず、迷いながらも考え、安心して話し続けられる場所をつくるにはどうしたらいいか? を考えています。ものごとを簡単に決めつけてしまいかねない「わかりやすさ」を疑い、人の話をじっくり聞き、紋切り型ではない言葉を用いて考え続ける武田さんとの対話によって、そのヒントを探していきます。

武田さんがもうひとつよく言ってくださっているのは「me and youのふたりは話が長い」ということ。話の長い人々による、彷徨いながら考えるおしゃべりの道中を、ぜひご覧いただけたら嬉しいです。

また、B&Bの店頭では1月11日より『me and youの「迷いながら考えつづけて偶然光がさすかもしれないフェア」』という選書フェアを開催します。

新しいメディア・コミュニティで大切にしたい「途中、過程、迷い、複雑さ、曖昧さを肯定する」という考え方から生まれた「読みかけの本、考え途中の本」をテーマにした選書企画では、いま読み途中や考え途中の本を、読みながらどんなことを考えているか一言綴った「栞」を挟んで展示し、コピーした栞と共に本を販売します。こちらの企画には、me and youのお二人のほか、小谷実由さん・小林エリカさん・穂村弘さん・前田エマさん・山崎まどかさん・和田彩花さんにもご参加いただきました。

また、本との偶然の出会いをもたらす「本と偶然出会えるくじびき」のコーナーや、メディア・コミュニティをつくっていくにあたり影響を受けた本、この場所に携わってくださる方々の本なども揃えました。こちらのフェアもぜひ、あわせてお楽しみいただけたらうれしいです。

me and you(みー あんど ゆー)
me and youは、個人と個人の対話を出発点に、遠くの誰かにまで想像や語りを広げていくための活動を行う拠点として、2021年4月に竹中万季と野村由芽が立ち上げた会社。日々の心の動きや問いや違和感を肯定し、小さくても自分の温度や速度のまま語りはじめ、その声を聞きはじめてみる。個人の小さな声や温度を大切にしたまま、社会に存在する課題に向き合うこと。ものごとの「あわい」や「振幅」に目を配り、一つの選択肢で塗りつぶさないこと。心強い仲間とのつながりと、当たり前とされているものを問い直す編集視点を軸に、学びを心がけ変化を受け入れながら活動していきます。

https://meandyou.co.jp
https://twitter.com/meandyou_inc/
https://instagram.com/meandyou_inc/

武田砂鉄(たけだ・さてつ)
1982年、東京都生まれ。出版社勤務を経て、2014年よりライターに。『紋切型社会――言葉で固まる現代を解きほぐす』で第25回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞。他の著書に『日本の気配』『わかりやすさの罪』『偉い人ほどすぐ逃げる』などがある。週刊誌、文芸誌、ファッション誌、ウェブメディアなどの媒体で連載を多数執筆するほか、近年はラジオパーソナリティとしても活動の幅を広げている。

____________________________________________________________________________

【来店での参加につきまして】
・最大100名まで入る会場で、最大人数10名と絞り、ゆとりを持って設営しております
・来店での参加の際にはマスクの着用をお願いしております。
・店頭に消毒用のアルコールをご用意しておりますので入店の際にご協力をお願いいたします
・来店チケットをご購入された方も配信(リアルタイム&見逃し配信)でご覧いただけます。配信でのご視聴につきましては下記【配信での参加につきまして】をご確認ください。当日体調などに不安がある方はこちらをご利用ください

【配信での参加につきまして】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからのご視聴が可能です
・イベント中、お客様の顔や音声などは配信されませんのでご安心ください
・配信はリアルタイムと見逃し(1ヶ月)でお楽しみいただけます。視聴URLは準備出来次第お知らせいたします
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合はご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください。

【キャンセルにつきまして】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、ご購入後のお客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

____________________________________________________________________________

イベントのご予約はこちらから!

※ご利用、お支払などについてはこちらをお読みください

me and you×武田砂鉄
「長い話をしよう〜新しいメディア・コミュニティをどうつくる?〜」

出演者me and you 野村由芽
me and you 竹中万季
武田砂鉄

出版社

開催日時2022/1/18 20:00-22:00

開催場所本屋B&B
世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F

入場料■来店参加(10名限定、1ドリンク付き):2,750円
■配信参加:1,650円
(いずれも税込)