こちらを表示中:

つやちゃん×赤井浩太×韻踏み夫
「続・日本語ラップ批評ナイト」
『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』(DU BOOKS)刊行記念

つやちゃん×赤井浩太×韻踏み夫
「続・日本語ラップ批評ナイト」
『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』(DU BOOKS)刊行記念

  • リアルタイム配信
  • 現地参加
  • アーカイブ配信  :  2022-08-01 ~ 2022-09-30

※本イベントはリアルタイム配信と見逃し視聴(1ヶ月)でご参加いただけるイベントです。
詳細につきましてはページ下部をご確認ください。

イベントのご予約はこちらから!

独自の審美眼で20年代の音楽評論を更新する気鋭の書き手、つやちゃんさん待望の単著『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』(DU BOOKS)が話題を呼んでいます。

日本のヒップホップシーンと日本語ラップ批評に一石を投じることになった本著作は、これまで顧みられる機会が少なかった女性ラッパーの功績を明らかにし、ポップミュージックをもスコープに捉えながら新たな視点を打ち立てようとするものでした。

<ガールズカルチャー>をテーマに文化的側面からフィメールラッパー作品について語り合った編集者・米原康正さんとのトークイベント、さらに<ヒップホップとポップ>をテーマに音楽的分析をまじえながら語り合ったラッパー・valkneeさん×批評家・伏見瞬さんとのトークイベントに続き、今回いよいよ最終回となる刊行記念イベントが開催されます。

伝説のトークイベント「日本語ラップ批評ナイト」の続編を名乗るタイトルから分かる通り、最後のテーマとして設定されたのは<日本語ラップ批評>です。つやちゃんさんが議論の相手に選んだのは、今年日本語ラップ批評の単著の刊行を予定している赤井浩太さんと、『文学+WEB版』での連載「耳ヲ貸スベキ――日本語ラップ批評の論点」など鋭い批評眼が信頼を集める韻踏み夫さん。

イベント開催に際して、つやちゃんさんと赤井浩太さんから熱い熱いメッセージが届いています。お二人曰く、「ぜひこちらを読んでからイベントにご参加いただきたい」とのこと。

▶「続・日本語ラップ批評ナイト」開催に寄せて(A面/つやちゃん)
▶「続・日本語ラップ批評ナイト」開催に寄せて(B面/赤井浩太)

さぁ、開催前からすでにヒートアップ、日本語ラップ批評の歴史に新たな一ページを残すこと間違いなしの本イベント――お楽しみに!

【出演者プロフィール】

つやちゃん
文筆家/ライター。ヒップホップやラップミュージックを中心にさまざまな音楽~カルチャーにまつわる論考を発表、インタビューも多数。主にrockin’onやミュージック・マガジン、ele-king、Rolling Stone Japan、Quick Japan等で執筆活動を展開。
2022年、初の単著『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』(DU BOOKS)を上梓。その他の論考に、「シャネル、コラージュ、サンプリング 通俗と中毒のブランド」(『ユリイカ』2021年7月号)、「どうせ死ぬので。J-hyperpop/背徳グルメ/揺らぐ肉体[DEMO](DEAD*AT*18)」(『ユリイカ』2022年4月号)、「現代へと回転する映画の原点」(『映画芸術』2022年春号)など。ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文がホストを務めるポッドキャスト番組『APPLE VINEGAR -Music+TALK-』にレギュラー出演中

赤井浩太(あかい・こうた)
批評家。1993年生まれ。「日本語ラップfeat.平岡正明」(『すばる』2019年2月号)で第2回すばるクリティーク賞を受賞。
発表した論考は「谷川雁の天啓詩」(『すばる』2019年9月号)、「被差別者の自己テロル 檀廬影『僕という容れ物』論」(『対抗言論』創刊号、2019年12月刊行)、「日本語ラップに再来する近代──K DUB SHINE論」(『ラッキーストライク』創刊号、2021年9月刊行)など。単著『ラッパーたちの階級闘争──右翼の根拠地(フッド)を奪取する(仮)』(河出書房新社)を執筆中、2022年内に刊行予定。

韻踏み夫(いんふみお)
ライター/批評家。1994年生まれ。連載「耳ヲ貸スベキ――日本語ラップ批評の論点」(『文学+WEB版』2021年~)、「ライマーズ・ディライト」(『ユリイカ』2016年6月号)、「ライミング・ポリティクス試論」(『文藝』2019年冬季号)など。2022年9月に、単著『日本語ラップ名盤100(仮)』を発売予定。

____________________________________________________________________________

【配信参加について】
・配信はZoomのウェビナー機能というサービスを使用いたします
・インターネット接続環境下のPCやスマートフォン、タブレットからご視聴いただけます
・イベント中、お客様の顔や音声などは配信されませんのでご安心ください
・リアルタイム配信と見逃し視聴でお楽しみいただけます。見逃し視聴につきましては、準備が出来次第、Peatixのメッセージ機能よりご案内いたします
・視聴は登録制です。1名分のチケットで複数人がご登録されている場合は、ご連絡もしくは配信の停止を行うことがございます。ご注意ください
・ご利用の通信環境により配信の遅延が起こる場合がございます。ご了承ください

【書籍付きチケットについて】
・イベント関連書籍を、イベント配信チケットとセットで販売いたします
・ご記入いただいた住所は、書籍発送以外の目的には使用いたしません
・お客様のお名前を入れる「為書き」はございません。ご了承ください
・商品到着までお時間をいただく場合がございます。また発送は、本屋B&Bよりお送りさせていただきます
・長期不在・住所不明等により書籍が返送された場合、保管期間内であれば、着払いにて発送させていただきます。保管期間は、イベント開催日から3ヶ月といたします
・海外発送は行っておりません

【キャンセルについて】
・ご購入直後にイベント配信用のURLが送信される都合上、お客様都合によるキャンセルは承っておりません。何卒ご了承ください

____________________________________________________________________________

【本イベントに関するお問い合わせ】
イベントに関するお問い合わせはこちらをご確認ください
知りたい回答が見つからない、解決しない場合など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

<お問い合わせ先>
event (at) bookandbeer.com ※(at)を@に変換して送信してください

____________________________________________________________________________

イベントのご予約はこちらから!

出演者つやちゃん
赤井浩太
韻踏み夫

出版社DU BOOKS

開催日時19:00~21:00 (18:30〜受付開始)

開催場所本屋B&B 世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK 2F

入場料【来店参加(15名限定・1ドリンク付き)】2,750円(税込)
【配信参加】1,650円(税込)
【サイン入り書籍つき配信参加】1,650円+書籍『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』2,420円(いずれも税込)※イベント後発送
【サイン入り書籍つき配信参加】1,650円+書籍『ラッキーストライク創刊号』2,000円(いずれも税込)※イベント後発送
【サイン入り書籍つき配信参加】1,650円+書籍『わたしはラップをやることに決めた フィメールラッパー批評原論』2,420円+『ラッキーストライク創刊号』2,000円(いずれも税込)※イベント後発送